オリヴィア・ロドリゴがザ・シアター・アット・エース・ホテルで行われた一夜限りのライヴ映像を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)がロサンゼルスにあるザ・シアター・アット・エース・ホテルで現地時間10月9日に行われた一夜限りのライヴの映像を公開しました。

Olivia Rodrigo – Live from the Ace Theatre (Amex Member Week Performance) – YouTube

このライヴは、第3回アメックス・メンバー・ウィークを記念して、アメリカンエキスプレスカード会員限定で開催されたもの。Dan Nigro(ダニエル・ニグロ)と共に弾き語りを中心としたパフォーマンスで全8曲を披露しています。

■セットリスト
1. vampire
2. lacy
3. ballad of a homeschooled girl
4. the grudge
5. teenage dream
6. get him back!
7. all-American bitch
8. traitor

オリヴィア・ロドリゴはSNSにもライヴの写真を投稿しており、「来てくれたみんな本当にありがとう」とコメント。さらに新作アルバム『GUTS』のリリース1カ月を祝い、SNSで「ガッツの一ヶ月おめでとうございます!知らなかった方のために付け加えておきますが、レコードのジャケットにあるキラキラしたリングで、どのボーナス・トラックがレコードに収録されているかがわかります。」とレコード盤に関するコメントを残しています。

新作アルバム『ガッツ』は、数々の記録を更新し、第64回グラミー賞で最優秀新人賞を含む3部門受賞するきっかけとなったデビュー・アルバム『SOUR(サワー)』で共作をしたDan Nigro(ダニエル・ニグロ)を今回もプロデューサーとして迎え制作。20歳になったオリヴィアの抱える強い思い、意思、度胸を全て反映した今作は、“オリヴィア・ロドリゴはポップ界で最も輝かしいニュー・ホープ。次世代のロックスターになるかもしれない”とアメリカのニューヨーク・タイムズ誌が高い評価するなど既に多くの主要メディアから絶賛。オリヴィアの赤裸々で自由奔放な歌詞と大胆でオリジナル性の高いサウンドが彼女のアーティスト性を大きく飛躍させた作品となっています。

そしてアルバムをサポートするツアー『GUTS world tour』の開催も発表。2024年2月23日カリフォルニア州パーム・スプリングスを皮切りに8月のロサンゼルス2DAYSまでのスケジュールを発表しており、単独来日公演実現となるか、アジアでのスケジュールも注目となります。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事