パラモアが第66回グラミー賞授賞式で最優秀ロック・アルバム賞と最優秀オルタナティブ・ミュージック・パフォーマンス賞の2冠

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Paramore(パラモア)が現地時間2月4日に開催された第66回グラミー賞授賞式で、『This Is Why』が最優秀ロック・アルバム賞、同名のシングルが最優秀オルタナティブ・ミュージック・パフォーマンス賞のノミネートされていた2部門共に受賞となりました。パラモアにとって初の受賞となります。

Paramore: This Is Why – YouTube

過去には第57回グラミー賞でHayley Williams(ヘイリー・ウィリアムス)とTaylor York(テイラー・ヨーク)が「Ain’t It Fun」のソングライターとして最優秀ロック楽曲賞を受賞したことはありますが、パラモアとして受賞するのは初。パラモアはインスタグラムで「Winner」、「Loser」と書かれた2つのケーキを並べ、ヘイリー・ウィリアムスが「Winner」と書かれたケーキを頬張る写真を投稿。授賞式に出席していなかったため、「そして彼らは家から一歩も出ませんでした。」とコメントしています。

前作から約6年ぶりのリリースとなった『This Is Why』は全米2位、全英1位と好成績を記録し、多くの海外メディアでも高い評価を受けました。パラモアは先月、アトランティック・レコードとの20年間の契約を終了しており、『This Is Why』はアトランティック・レコードからの最後のアルバムとなりました。

■『This Is Why』トラックリスト
1. This Is Why
2. The News
3. Running Out of Time
4. C’est Comme Ca
5. Big Man, Little Dignity
6. You First
7. Figure 8
8. Liar
9. Crave
10. Thick Skull

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事