ポール・ウェラー、6年ぶりとなるジャパンツアーの初日となる大阪公演ライヴ・レポートが到着

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

2024年1月26日、Paul Weller(ポール・ウェラー)の6年ぶりとなるジャパンツアーの初日となる大阪公演がなんばHATCHにて行われました。この公演のオフィシャルライブレポートが到着。また来日公演予習用のプレイリストも公開されています。
プレイリストはこちら

来日公演ライヴレポート

ポール・ウェラー、6年ぶりの来日公演が大阪よりスタート! 進化し続けるレジェンドによる最高の今

ポール・ウェラーが、2018年以来となる6年ぶりのジャパンツアーを1月26日、大阪・なんばHatchよりスタートさせた。

ザ・ジャム、ザ・スタイル・カウンシルを経てソロとして1991年に初来日以来、コンスタントにジャパンツアーを行い、キャリアを重ねた近年もリバイバルやノスタルジーな来日公演ではなく、新作を携えたツアーを実施。前作『オン・サンセット』(2020年)で、1980年代〜2020年代にわたる5つの年代でアルバムが全英1位を獲得するという記録を、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、デヴィッド・ギルモアに続いて打ち立て、2021年リリースの最新アルバム『ファット・ポップ』でもソロ6枚目、キャリア通算8枚目の全英1位を獲得している。そう、御年65歳でいまだ現役、UKロックシーンの生きる伝説として第一線で活躍し続けているのがポール・ウェラーなのだ。

しかし、世界的なコロナ禍によって海外ツアー延期などの影響が出ていたため、今回の来日公演はウェラーにとっても日本のファンにとっても待望の実現。そんな期待に満ちた初日の大阪・なんばHatchには、この日を待ちわびた多くの人々が足を運び、フロアは開場時から静かな熱を帯びる。そして開演時間ジャストに、ギタリストのスティーヴ・クラドックをはじめ、ベース、キーボード、サックスにツインドラムという6名のサポートメンバーと共にウェラーが登場すると、大きな歓声が巻き起こる。冒頭から華やかなホーンの躍動感に心躍る幕開けで、ウェラーがテレキャスターをかき鳴らしワウを踏む姿は、もうそれだけで絵になるたたずまいだ。美しく整えられたシルバーのヘアー、シャープなシルエットは相変わらずクールで、そんな彼を音のみならず豊潤なコーラスでも支える、気心知れたバンド陣の演奏も頼もしい限りだ。

3年越しの初お披露目となる最新作『ファット・ポップ』からの楽曲「Cosmic Fringes」では、エレクトロなビートを軽やかに取り込んだ現在地で魅せ、「ドーモアリガトウ!」と日本語であいさつした後は、ザ・スタイル・カウンシル時代の「My Ever Changing Moods」、「A Man of Great Promise」を立て続けに届け、オーディエンスは一気に歓喜の渦に。ムーディーなライティングを背に、まるで衰えを知らないかのように響きわたるボーカル。ウェラーの充実のパフォーマンスには自ずとクラップも沸き立つなど、まだ序盤ながらこの時点で「本当に見に来てよかった!」と心底思った方も多かったことだろう。

時にエレキギター、アコースティックギター、時にピアノを奏でながら、『ワイルド・ウッド』(1993年)や『スタンリー・ロード』(1995年)収録の初期曲も多数披露したかと思えば、再び最新アルバムからフルートの音色が映えるメロウな「Glad Times」やベースラインが印象的なタイトル曲「Fat Pop」と、栄光にすがることなくアップデートされ続けるモダンな新曲、さらには、パンデミックでツアーが開催できなかった『オン・サンセット』の収録曲等を、惜しみなく歌い上げていく。これぞミュージシャンの理想のエイジングだと思わせる、モッド・ファーザーの熟成する歌声と色気がたまらない。

イントロからどよめきと喜びの声で沸いたのは、スタカンの名曲「Shout To The Top」! 長尺のサックスソロでも大いに盛り上がり、その熱狂のままいよいよライブは後半戦へと突入。久々の日本で一曲でも多く歌おうと言わんばかりの怒濤の展開で、ギターの掛け合いからドラム、ベース、キーボード、サックスと目まぐるしく見せ場が変わったソロ回しでも、途切れぬグルーヴで会場の熱量をぐんぐん上げていく。高揚感の中、クライマックスに容赦なく投下されたザ・ジャム時代の「Start!」を含め、20曲歌い切った後でも伸びやかなウェラーのシャウトにシンクロした満場の拳が、鮮やかにラストシーンを彩った。

だが、6年ぶりにウェラーがもたらした最高の一夜に、もちろん拍手は鳴りやまない。足早に舞台へと戻ったアンコールでも、ソロ、スタカン、ジャムと、自身の道のりを横断する新旧織り交ぜたセットリストで楽しませ、まさかのダブルアンコールでは、星空のような照明が照らした、とびきりロマンチックな大団円へ…….。全28曲にわたり終始、哀愁漂うダンディズムにシビれ、グッドヴァイブな雰囲気に包まれた、約2時間の夢のひととき。今後のジャパンツアーにも期待が高まる、大満足のステージとなった。

なお、ジャパンツアーは1月27日(土)愛知・ダイアモンドホール、同30日(火)北海道・Zepp Sapporo、2月1日(木)宮城・仙台PIT、同3日(土)・4日(日)東京・EX THEATER ROPPONGIと続く。また、来日記念盤となる日本独自企画盤『ファット・ポップ・エクストラ』も発売中。
文:奥“ボウイ”昌史

■大阪公演セットリスト
1. Rip The Pages Up
2. Nova
3. Cosmic Fringes
4. My Ever Changing Moods
5. A Man of Great Promise
6. All The Pictures On The Wall
7. Stanley Road
8. Glad Times
9. Village
10. Hung Up
11. Fat Pop
12. More
13. Shout to the Top
14. Jumble Queen
15. Saturns Pattern
16. All Or Nothing
17. Above The Clouds
18. Into Tomorrow
19. Start!
20. Peacock Suit
21. Old Father Tyme
22. Headstart For Happiness
23. That Pleasure
24. Broken Stones / You Do Something To Me
25. Tales From The Riverbank
26. Wild Wood
27. The Changingman

Photo by 濵田 志野Photo by 濵田 志野

Photo by 濵田 志野Photo by 濵田 志野

Photo by 濵田 志野Photo by 濵田 志野

Photo by 濵田 志野Photo by 濵田 志野

Photo by 濵田 志野Photo by 濵田 志野

Photo by 濵田 志野Photo by 濵田 志野

■商品情報

ポール・ウェラー『ファット・ポップ・エクストラ』

ポール・ウェラー『ファット・ポップ・エクストラ』
PAUL WELLER / FAT POP EXTRA
CD: UICY-16208 / 2,750円(税込) / 日本独自企画盤 / 来日記念盤
2024年1月19日 発売
購入
来日公演会場CD購入特典が決定
詳細はこちら

■来日公演日程 PAUL WELLER JAPAN 2024
1/26(金)大阪なんばハッチ
1/27(土)愛知DIAMOND HALL SOLD OUT
1/30(火)北海道 Zepp Sapporo SOLD OUT
2/1(木)宮城 仙台PIT
2/3(土)東京 EX シアター六本木 SOLD OUT
2/4(日)東京 EX シアター六本木 SOLD OUT
詳細はこちら
■来日公演グッズ情報
詳細はこちら
■来日公演予習用プレイリストも公開中!
Apple Music
Spotify
YouTube

■ポール・ウェラー プロフィール
1977年UKパンク・ムーヴメントの真っ只中にザ・ジャムでデビュー。モッズ・スタイルを貫きながらR&B的要素も取り入れたサウンドで絶大な支持を集め、6枚のアルバムと9曲の全英トップ10シングルを残し全盛のうちに解散。1983年3月ザ・スタイル・カウンシルを結成。ジャズからシカゴ・ハウスまで幅広い影響を取り込んだ音楽性と社会的主張を伴うソウルフルなポップで人気を博し、4枚のアルバムと17曲のシングルをリリース、80年代を特徴づけるポップ・バンドのひとつになった。 1990年からソロ・アーティストとして活動。1992年の『ポール・ウェラー』から2021年の『ファット・ポップ』までのスタジオ・アルバム16枚とベスト・アルバムはすべて全英トップ 10入り。2006年ブリット・アワードで「功労賞」受賞。2021年12月、英BBC交響楽団と共演しザ・ジャム〜ザ・スタイル・カウンシル〜ソロ期の代表曲を演奏したライヴ・アルバム『オーケストレイテッド・ソングブック』がリリースされた。
2000年リリースの『オン・サンセット』で全英1位を獲得したポール・ウェラーは、5つの連続した年代(1980年代〜2020年代)でアルバムが全英1位を獲得するという、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、デヴィッド・ギルモアに並ぶ4人目の記録を打ち立てた。続く『ファット・ポップ』(2021)もソロ6枚目・キャリア通算8枚目の全英1位を獲得した。

■リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Facebook
X
Instagram
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事