ポール・ウェラー、新作アルバム『66』リリース!「Nothing」のミュージック・ビデオも公開!アルバム感想キャンペーンもスタート

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Paul Weller(ポール・ウェラー)のニュー・アルバム『66』がリリースされた。全英1位を獲得した『ファット・ポップ』(2021)に続く3年ぶりの新作で、ソロ17枚目、キャリア通算28枚目のアルバムとなる。日本盤はSHM-CD仕様、ボーナス・トラックが1曲収録される。また第3弾シングルとして先行リリースされた「Nothing」のミュージック・ビデオも公開となった。

YouTubePaul Weller - Nothing - YouTube

またアルバムの発売を記念して、X(旧Twitter)にて、アルバムの感想をツイートすると非売品コースターがもらえるキャンペーンがスタート。以下のポストを引用してアルバムの感想を投稿すれば応募完了となる。

常にみずからのルーツに忠実でありながら、アーティストとしての限界を押し広げるという揺るぎない姿勢を貫いてきたポール・ウェラー。ゲスト・ミュージシャンとの共作や共演――ノエル・ギャラガー(作詞)、ボビー・ギレスピー(作詞)、マッドネスのサッグス(作詞)、ドクター・ロバート(共作)、ル・シュペールオマール(共作、演奏)、ジョシュ・マクローリー(G, B)、ハンナ・ピール(ストリングス・アレンジ)、セイ・シー・シー(バッキング・ヴォ―カル)他――がインスピレーションとなり、創造性を広げ多くの音楽的アイデアを詰め込んだ“自分が信じることを最善を尽くして世に送り出す”『66』は、今なお進化と挑戦を続けるウェラーの新たな名作である。

アートワークはサー・ピーター・ブレイクが手がけた。ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、ザ・フー『WHO』、バンド・エイド「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」などのアートワークで知られる巨匠アーティストで、ウェラーの作品は『スタンリー・ロード』(1995)以来となる。

ピーター・ブレイクの起用について、ポール・ウェラーはこのように話している。「タイトルが決まって、どんなデザインが良いかを思い描いた時に自然とピーターのことが思い浮かんだ。彼のスタイルが合っていると思った。古い遊園地で使われている文字のようなデザインがぴったりだって。だからピーターに依頼するのが自然な選択だった。(右下にウェラーの名前ではなくピーター・ブレイクのサインがあるのは)気に入っている。そうしてくれと頼んだわけではないんだけど、ピーターが自分でそうした。まるでアート作品そのものだ。最高だね」

「1月に日本を訪れた時には久しぶりで楽しかったよ。いつもは行かない仙台や札幌にも行ったからね。東京と大阪っていうのが常だから。違う都市を訪れるのは楽しいよ。東京だけじゃなく他の場所に行けて嬉しかった。『66』は、単純に楽しんでもらえたら、それだけで満足だよ」(ポール・ウェラー)

Photo Credit Nicole NodlandPhoto Credit Nicole Nodland

■商品情報

ポール・ウェラー『66』

ポール・ウェラー『66』
Paul Weller / 66
2024年5月24日発売
CD: UICY-16215 / 2,860円(税込)
日本盤ボーナス・トラック収録* / 日本盤のみSHM-CD仕様
試聴・購入
日本盤CD購入特典

■『66』トラックリスト
1. Ship of Fools シップ・オブ・フールズ
2. Flying Fish フライング・フィッシュ
3. Jumble Queen ジャンブル・クイーン
4. Nothing ナッシング
5. My Best Friend's Coat マイ・ベスト・フレンズ・コート
6. Rise Up Singing ライズ・アップ・シンギング
7. I Woke Up アイ・ウォーク・アップ
8. A Glimpse of You ア・グリンプス・オブ・ユー
9. Sleepy Hollow スリーピー・ホロウ
10. In Full Flight イン・フル・フライト
11. Soul Wandering ソウル・ワンダリング
12. Burn Out バーン・アウト
*13. That’s What She Said ザッツ・ホワット・シー・セッド

■プロフィール
1977年UKパンク・ムーヴメントの真っ只中にザ・ジャムでデビュー。モッズ・スタイルを貫きながらR&B的要素も取り入れたサウンドで絶大な支持を集め、6枚のアルバムと9曲の全英トップ 10 シングルを残し全盛のうちに解散。1983年3月ザ・スタイル・カウンシルを結成。ジャズからシカゴ・ハウスまで幅広い影響を取り込んだ音楽性と社会的主張を伴うソウルフルなポップで人気を博し、4枚のアルバムと17曲のシングルをリリース、80年代を特徴づけるポップ・バンドのひとつになった。 1990年からソロ・アーティストとして活動。1992年の『ポール・ウェラー』から2021年の『ファット・ポップ』までのスタジオ・アルバム16枚とベスト・アルバムはすべて全英トップ 10入り。2006年ブリット・アワードで「功労賞」受賞。2021年12月、英BBC交響楽団と共演しザ・ジャム~ザ・スタイル・カウンシル~ソロ期の代表曲を演奏したライヴ・アルバム『オーケストレイテッド・ソングブック』がリリースされた。
2000年リリースの『オン・サンセット』で全英1位を獲得したポール・ウェラーは、5つの連続した年代でアルバムが全英1位を獲得 する(ウェラーの場合は1980年代〜2020年代)という、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、デヴィッド・ギルモアに並ぶ4人目の記録を打ち立てた。続く『ファット・ポップ』(2021)もソロ6枚目・キャリア通算8枚目の全英1位を獲得。2024年1月~2月、6年ぶりの来日公演を5都市で6公演開催した。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事