チャーリー・プースの人気楽曲を紹介するYouTube Liveの結果を発表!1位はビルボード・ジャパン洋楽チャートで7週連続1位を獲得したあの曲!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ダイヤモンド認定並びに、プラチナ認定を獲得しているUS出身のシンガーソングライターCharlie Puth(チャーリー・プース)のファンによる投票の人気楽曲10選を先日YouTube Liveにて順位を人気TikTokerのCameのMCにより発表されました。1位にはあの話題の楽曲、そして懐かしい楽曲も発表されて内容が濃いYouTube Liveとなりました。

Charlie Puth YouTube LIVE~人気曲10選~ – YouTube

ランキングの順位は以下の通り。
1位 I Don’t Think That I Like Her
2位 Left And Right (feat. Jung Kook of BTS)
3位 Light Switch
4位 Wiz Khalifa See You Again ft. Charlie Puth
5位 One Call Away
6位 Dangelously
7位 THAT’S NOT HOW THIS WORKS (FEAT. DAN + SHAY)
8位 We Don’t Talk Anymore (feat. Selena Gomez)
9位 Attention 
10位 How Long

チャーリー・プース TikTokで選ばれた人気曲10選チャーリー・プース TikTokで選ばれた人気曲10選

1位に輝いた「I Don’t Think That I Like Her(アイ・ドント・シンク・ザット・アイ・ライク・ハー)」は、Billboard Japan 洋楽チャートにて1ヶ月以上10位以内(7週間連続で1位!)に輝いている大ヒット楽曲。このヒット楽曲を生み出した時に作曲プロセスを本人が公開しています。

今流行っているあの曲はこうやってできていたのか… #チャーリープース #shorts – YouTube

当日番組を見逃した、そしてもう一度番組を見たい方のために、期間限定でYouTubeにてアーカイブを公開中。
Charlie Puth YouTube LIVE~人気曲10選~

更に!番組企画を記念に、チャーリー・プースのLineアカウントを開設!今後チャーリー・プースに関する最新情報等を本アカウントからも情報を配信予定。
LINEアカウント

チャーリー・プースは、昨年10月7日(金)に最も個人的なアルバム『CHARLE(チャーリー)』を発売し、既に全世界で20億回再生されています。本アルバムに収録されている楽曲「Left and Right (feat. Jung Kook of BTS)(レフト・アンド・ライト(フィーチャリング・ジョングク・オブ・BTS))」は、2022年洋楽で最もストリーミングされた楽曲として第37回日本ゴールドディスク大賞を受賞しており、楽曲「I Don’t Think That I Like Her」は、TikTokでダンス動画と併せてバズっており、Apple Musicのチャートで65位に登場。

2023年3月31日にリリースしたカントリー・デュオのDan + Shay(ダン+シェイ)とのコラボ曲「That’s Not How This Works 」では、Sabrina Carpenter(サブリナ・カーペンター)と共演しました。

Photo by Carianne OlderPhoto by Carianne Older

■商品情報

Charlie Puth「That's Not How This Works (feat. Dan + Shay)」

アーティスト:Charlie Puth / チャーリー・プース
トラック:That’s Not How This Works (feat. Dan + Shay) / ザッツ・ノット・ハウ・ディス・ワークス(フィーチャリング ダン + シェイ)
リリース:2023年3月31日(金)
ダウンロード/ストリーミング

チャーリー・プース『CHARLIE』

アーティスト:Charlie Puth / チャーリー・プース
アルバムタイトル:CHARLIE / チャーリー
リリース:2022年10月7日(金)リリース
WPCR-18517 2,600円(税抜)/2,860円(税込)
ダウンロード/ストリーミング

■トラックリスト
1. That’s Hilarious / ザッツ・ヒラリアス
2. Charlie Be Quiet ! / チャーリー・ビー・クワイエット!
3. Light Switch / ライト・スイッチ
4. There’s A First Time For Everything / ゼアズ・ア・ファースト・タイム・フォー・エヴリシング
5. Smells Like Me / スメルズ・ライク・ミー
6. Left and Right feat. Jung Kook of BTS / レフト・アンド・ライト(フィーチャリング・ジョングク・オブ・BTS)
7. Loser / ルーザー
8. When You’re Sad I’m Sad / ウェン・ユーアー・サッド・アイム・サッド
9. Marks On My Neck / マークス・オン・マイ・ネック
10. Tears On My Piano / ティアーズ・オン・マイ・ピアノ
11. I Don’t Think That I Like Her / アイ・ドント・シンク・ザット・アイ・ライク・ハー
12. No More Drama / ノー・モア・ドラマ
13. Light Switch (Acoustic) / ライト・スイッチ(アコースティック)※日本盤CDボーナストラック

■リンク
オフィシャルサイト
Instagram
Twitter
Facebook
TikTok
YouTube
Warner Music Japan

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事