レディング・フェスティバル2023で行われたライヴ映像の一部がBBC公式YouTubeで公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

現地時間8月25日~27日にかけて行われたレディング&リーズ・フェスティバル2023に出演したアーティストのライブ映像の一部がBBC「BBC Music」公式YouTubeチャンネルで公開されました。
BBC Music 公式YouTubeはこちら

レディング・フェスティバル2023で行われたライヴ映像の一部がBBC公式YouTubeで公開
IMAGE VIA:Instagram

現在、Frank Turner & The Sleeping Souls(フランク・ターナー&ザ・スリーピング・ソウルズ)、Sea Girls(シー・ガールズ)、Tion Wayne(ティオン・ウェイン)Mimi Webb(ミミ・ウェッブ)、You Me At Six(ユー・ミー・アット・シックス)、Wet Leg(ウェッド・レッグ)、Bicep(バイセップ)、Loyle Carner(ロイル・カーナー)、Foals(フォールズ)、Sam Fender(サム・フェンダー)、Chase Atlantic(チェイス・アトランティック)、Easy life(イージー・ライフ)Holly Humberstone(ホリー・ハンバーストーン)、Knucks(ナックス)、Inhaler(インヘイラー)、Nothing But Thieves(ナッシング・バット・シーヴス)、Arlo Parks(アーロ・パークス)、The Snuts(ザ・スナッツ)、Bakar(ベイカー)、The Killers(ザ・キラーズ)The 1975、Rina Sawayama(リナ・サワヤマ)、Declan McKenna(デクラン・マッケンナ)、Becky Hill(ベッキー・ヒル)Lil Tjay(リル・ティージェイ)、Don Broco(ドン・ブロコ)、Imagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)のパフォーマンス映像が公開されています。

ヘッドライナーはサム・フェンダー、フォールズ、ザ・キラーズ、イマジン・ドラゴンズ、さらにレディング・フェスティバルのヘッドライナーを務めた最年少アーティストとして歴史に名を残したBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)が務め、残念ながら出演キャンセルとなってしまったLewis Capaldi(ルイス・キャパルディ)に変わりThe 1975が出演。今年のラインナップには、主にロンドン出身のラップ、グライム、ドリルのパフォーマーが豊富に出演しました。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事