レイヴェイが2ndアルバム『Bewitched』がついにリリース!聴くもの全てを別世界に誘う究極の愛の物語

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アイスランドと中国、両方のルーツを持ち、現在はLAを拠点に活動するシンガー・ソングライター、マルチ奏者のLaufey(レイヴェイ)が、2枚目のスタジオ・アルバム『Bewitched』をリリース

Laufey Credit by Gemma WarrenLaufey Credit by Gemma Warren

歌の創作を始める上で初めてのチャレンジでもあったという1stアルバム『Everything I Know About Love』に比べて、今作は愛に対してより成熟した展望を持ち、自身もさらに成長したと語っています。

今作についてレイヴェイは「『Bewitched』は『Everything I Know About Love』よりもずっと成熟した展望を持ち、恋に恋していることには変わりないものの、友人や恋人、人生に対する愛など、より大きな意味での愛のアルバムになりました。今回のアルバムでは色々な経験をし、少しずつ大人になっていく過程の若さゆえの愛の魔法について書いています。
『Everything I Know About Love』は私にとって、歌の創作を始める最初の試みでした。だから、どの曲もまるで偶然の幸運の産物のようでした。
一方『Bewitched』では、アルバムを書くことに決めてから曲を書く前に、『Bewitched』というアルバムのタイトルが決まっていました。だから、ゼロから創り上げることができたことは、アーティストとして私にとって非常に大きな自信を持たせてくれたものであり、私がこのアルバムを通して得た経験の中でも最も価値のあるものの一つです。」とコメント。

現実世界からある意味で逃避できる場所を音楽の世界に作りたい

そんな想いからジャズ・カルテットやフィルハーモニア管弦楽団を迎え制作された楽曲を収録した本作は、壮大なミュージカルのように書き上げられたストーリーが、まるで一本の映画を見るかのような没入体験を与えてくれます。

アルバムのリード曲となる「Lovesick」は“誰かに恋をしている時に感じる特別な瞬間” について書かれ、アルバム随一の爽やかなサウンドが際立つ1曲。レイヴェイの故郷・アイスランドで感じた、車の中に座って風に髪がなびかれ、黄金色の光が降り注ぐ瞬間にインスパイアされています。

レイヴェイが「(誰かに恋をしている時に感じる特別な瞬間は)すべてが完璧に見えるにも関わらず、何かがうまくいかないかもしれないという不安が伴うのです。すべてが完璧だからこそ、なぜこのような感覚があるのか、と思ったのです。」と語るように、ギターやストリングスのピチカートが軽やかで煌びやかな疾走感を表現。そんな中にも、コーラスが彩るアウトロがどことない儚さを感じさせ、まるで映画のエンドロールを彷彿とさせるようなドラマチックな1曲となりました。

Laufey – Lovesick – YouTube

その他にも、すでにシングルリリースされている「From The Start」「Promise」「Bewitched」「California and Me (feat. Philharmonia Orchestra)」を含む珠玉の14曲を収録。

成熟した奥行きのある歌声とは裏腹に、今の時代を生きる24歳の等身大の言葉で、自身のミュージシャンとしてのゴールである“ジャズやクラシック音楽を、より親しみやすい方法で同年代の若い世代に届けること”を体現するレイヴェイ。

SNSではリリースを祝し「私の夢を現実にしてくれた素晴らしいチームに感謝します。」とコメントしています。

さらにカナダやニュージーランド、全英チャートなどで初のチャート入りを果たした「From the Start」のSped Upバージョンも公開。Spotifyでのストリーミング増加がヒットにつながり、TikTokでもバイラルとなったことで今作への期待も一気に上がるきっかけとなりました。

Laufey – From The Start (Sped Up) – YouTube

夏に行われたワールドツアーに続き、10月に開催されるアルバムツアー全29公演は瞬く間にソールドアウト。さらに2024年のUS&UKツアーの開催も発表。もうすでに完売している公演もあり、驚異的なスピードで世界中にその名を轟かせています。

■商品情報

Laufey『Bewitched』

Laufey(レイヴェイ)
『Bewitched(ビウィッチド)』
リリース日:2023年9月8日(金)
レーベル:ASTERI ENTERTAINMENT (アステリ・エンタテインメント)
ストリーミング&ダウンロード

■『Bewitched』トラックリスト
1. Dreamer
2. Second Best
3. Haunted
4. Must Be Love
5. While You Were Sleeping
6. Lovesick
7. California and Me (ft. Philharmonia Orchestra)
8. Nocturne (Interlude)
9. Promise
10. From the Start
11. Misty
12. Serendipity
13. Letter to My 13 Year Old Self
14. Bewitched

■プロフィール
アイスランドと中国の血を引くシンガーソングライター、チェリスト、ギタリスト、ピアニスト。本名はレイヴェイ・リン。
クラシック音楽の教育を受けた中国人バイオリニストの母親と、ジャズ好きのアイスランド人の父親の影響を受けたレイヴェイ。
母親の影響で、ピアノ、チェロ、ギターなどさまざまな楽器を操るようになり、父親が収集していたエラ・フィッツジェラルドやビリー・ホリデイのアルバムに強く惹かれたのをきっかけに、彼女の音楽の旅はスタートする。
伝統的な音楽性と新世代ならではの感覚をうまく融合させた独自の世界を育みたいと願うようになり、大統領奨学金を得て、米国ボストンのバークリー音楽大学へ進学。
今までルールに従い生きてきた彼女だったが、新たなジャンルや環境、若いミュージシャンやプロデューサーの刺激を受け、演奏だけではなく、自身で作曲も行うようになる。
「私はもともとクラシック音楽が大好きで、ラヴェルやショパンなどの作曲家に大きな影響を受けていますが、『グレート・アメリカン・ソングブック』やジョージ・ガーシュウィン、リチャード・ロジャースの音楽に出会ったとき、ジャズとクラシックの中間のような感じがして、私にぴったりだと思いました。自分から好きになれるものだったのです。ボストンで過ごす中で、自分が生きていることを実感しました。私の中で何かが音を立てて、音楽が流れ出てきたようでした。」と語っている。
その見た目や年齢からは想像できないような、低音の響きが心地よい大人びた歌声で、クラシックとジャズのサウンドにポップな感覚を取り入れた、彼女独自のサウンドを確立。自由なスキャットと落ち着いたヴォーカルスタイルで、現代の聴衆が共鳴するクラシックサウンドを蘇らせる。

■リンク
Website
X
Instagram
TikTok
YouTube
Facebook

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事