初来日公演をソールド・アウトさせた新世代の歌姫ホリー・ハンバーストーンが新作EP『Can You Afford To Lose Me?』をリリース

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

今年7月に初来日公演をソールド・アウトさせた英・新世代の歌姫Holly Humberstone(ホリー・ハンバーストーン)が、ニュー・EP『Can You Afford To Lose Me?(キャン・ユー・アフォード・トゥ・ルーズ・ミー?)』をリリースしました。

YouTubeHolly Humberstone - Can You Afford To Lose Me? (Trailer) - YouTube

全11曲収録の同EPは新曲のタイトル・トラック「Can You Afford To Lose Me?」で始まり、ピアノとクワイアの歌声に包まれたEP『Falling Asleep At The Wheel』(2020年)とEP『The Walls Are Way Too Thin』(2021年)の収録曲で構成されたダブル・サイド・EPとなっています。タイトル・トラックの「Can You Afford To Lose Me?」は破局に向かって突き進む人間関係を歌ったもので、聴く者の胸をギュッと締め付けるような歌詞が特徴的な作品となっています。

YouTubeHolly Humberstone - Can You Afford To Lose Me? - YouTube

同EPについて、そして世界が待望しているデビュー・アルバムについて、ホリーはこうコメント。
「この2~3年は本当に毎日が目まぐるしく、起こったこと全てを振り返る機会がほとんどありませんでした。この数ヶ月間は、自分が作った音楽、これまで出会った人々、そして彼らと共にした素晴らしい経験、今後の自分の方向性など、様々なことについて振り返ったり、考えたりいました。自分の曲をツアーで演奏し、楽曲を世に送り出し、それが人々にどのような影響を与えたかを目の当たりにして、私はその曲たちに“別の人生”を与えたいと思うようになり、私が今聴きたい順番で楽曲をまとめてみました。私の最初の2枚のEPの新鮮な進化みたいな感じです。新曲の「Can You Afford To Lose Me?」は、今まで書いた曲の中で一番好きな曲の1つです。今まで作った曲はもちろん全曲好きなんだけど、今この瞬間に私の人生の中で最も共鳴する曲に焦点を当てたいと思って、既発曲全部を入れることはせず、何曲かは収録しないことにしました。皆さんがこれらの曲をこのEPという新しい形で再度聴いてくださることを願っています。
また、私の音楽の旅の“第一章”はこのEPをもって閉じることになると思います。今デビュー・アルバムを作っていて、来年には完成する予定です。今までで最もパーソナルな楽曲ばかりになりそうです。私の経験を記録し続け、音楽として皆さんに届けることで、それが皆さん自身の経験にもなることを願っています。たくさんの愛を込めて!ホリーより。」

Holly HumberstoneHolly Humberstone

Holly HumberstoneHolly Humberstone

■商品情報

Holly Humberstone『Can You Afford To Lose Me?』

New EP『 Can You Afford To Lose Me? 』配信中
試聴・購入はこちら

■『Can You Afford To Lose Me?』トラックリスト
1. Can You Afford To Lose Me?
2. Overkill
3. Scarlett
4. Please Don’t Leave Just Yet
5. Deep End
6. Haunted House
7. Thursday
8. Vanilla
9. The Walls Are Way Too Thin
10. Falling Asleep At The Wheel
11. Friendly Fire

■アーティスト情報
日本公式HP
海外公式HP
公式 Instagram
公式 Twitter
公式 TikTok
公式 YouTube

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事