日系人気プロデューサー=グリフィンが、3年ぶり待望の2ndアルバム『アライヴ』をリリース!アルバム発売記念で、直筆サイン入りポストカードが当たるキャンペーンもスタート

日本人の血を引く人気急上昇中のDJ/プロデューサーのGryffin(グリフィン)が、待望のセカンド・アルバム『Alive(アライヴ)』を11月4日(金)にリリース。一部収録曲のヴィジュアライザー・ビデオも公開されました。

Photo Credit Savanna RuedyPhoto Credit Savanna Ruedy

今作はカイゴ、ティナーシェ、ムー、ワンリパブリックといったスーパースターとの豪華なコラボレーションが満載で、世界中のダンスミュージックファンにとって必聴の一枚となっています。

グリフィンは、今回のアルバムについて「『Alive』というタイトルの2枚目のアルバムを世界と共有できることをとても嬉しく思います。前作『Gravity』は、宇宙、時間、自然の要素を経て現代に至るまでのテーマ性のあるものでした。『Alive』はその時系列を引き継ぎ、生きている(=alive)ということ、人間であるということ、エモーション、感じるということ、感覚に飛び込んでいくものなんです」と語り、「また、素晴らしい作家やアーティストたちと一緒にこのアルバムを作ることができ、謙虚な気持ちにもなりました。最後に、皆さんが僕に示してくれた愛とエネルギー、そして忠誠心に永遠に感謝します」とコメントしています。

3度のコラボレーションをしているCalle Lehmann(カレ・レーマン)をフィーチャーしたタイトル曲「Alive」で始まるポップで煌びやかな本作『Alive』は、17曲で構成される聴きごたえ十分の作品となっています。日本でも大ヒット中の楽曲“Tie Me Down”を歌うヴォーカル、Elley Duhé(エリー・ドゥエ)との最新作「Forever」は、野心と楽観性に溢れた高音のハウストラックとなっており、「Sometimes You Know」においても、前作収録の人気曲“Body Back”に参加しているMaia Wright(マイア・ライト)と再共演が実現。

さらに「Glitch In The Simulation」では、“Mad at Disney”が大ヒットしたsalem ilese(セイレム・イリース)を迎え、「Lose Your Love」では米バージニア州出身シンガーのMatt Maeson(マット・マエソン)がゲスト参加した新曲も収録。

そしてKygo(カイゴ)Calum Scott(カラム・スコット)、R&BポップスターTinashe(ティナーシェ)、世界的ロックバンドOneRepublic(ワンリパブリック)とのコラボレーションで、グリフィンの音楽キャリアとしてもさらなる飛躍を見せ、自身2作目の作品は、彼のダンスミュージックの素晴らしさを表す代名詞となっています。

また、アルバム発売記念として、直筆サイン入りポストカードが当たるキャンペーンもスタートしています。
詳細はこちら

Photo Credit Savanna RuedyPhoto Credit Savanna Ruedy

■アルバム情報

グリフィン『Alive』

グリフィン 最新アルバム『Alive』配信中
試聴はこちら

■『Alive』トラックリスト
1. Intro
2. Alive (with Calle Lehmann)
3. Forever (with Elley Duhé)
4. Lose Your Love (with Matt Maeson)
5. Safe With Me (with Audrey Mika)
6. Woke Up In Love (with Kygo & Calum Scott)
7. Reckless (with MØ)
8. Glitch In The Simulation (with salem ilese)
9. Evergreen (with Au/Ra)
10. Scandalous (with Tinashe)
11. Interlude
12. Colors (with Eyelar & Blanke)
13. After You (with Jason Ross & Calle Lehmann)
14. Best Is Yet To Come (with Kyle Reynolds)
15. Sometimes You Know (with Maia Wright)
16. Caught Up (with Olivia O’Brien)
17. You Were Loved (with OneRepublic)

■グリフィン アーティスト情報
日本公式HP
海外公式HP
Instagram
Twitter
YouTube
Facebook
Soundcloud

■アーティストプロフィール
アメリカ・カリフォルニア出身、1987年9月29日生まれのDJ、音楽プロデューサー。本名ダン・グリフィス。日本で育った日本人の母親を持つ日系アメリカ人。
マルーン5「Animals」やイヤーズ&イヤーズ「Desire」のリミックスにより、早くからその類まれなプロデューサーとしての才能を世に知らしめる。世界がグリフィンを知るきっかけともなった米カリフォルニア州で行われたSnowGlobeミュージック・フェスティバルでは幼少期から始めた確かなスキルを持つギター、ピアノに加えドラムパッド、シンセサイザーを屈指した圧巻のライヴ・パフォーマンスも特徴。「Feel Good」や「Tie Me Down」等のヒット曲のリリースし、年々その実力と共に、ダンス・ミュージック界の新しい時代を築き始めた。2019年10月、グリフィンのデビュー・アルバム『グラヴィティ』は全米Dance/Electronicアルバム・チャートで1位を獲得している。ダンス・ミュージックに生楽器を取り入れたサウンドとライヴが人気で、その勢いのまま世界最大級の音楽フェスティバル「コーチェラ」に幾度に渡り出演、メインステージにも登場している。また日本では、ULTRAジャパンやEDCジャパンへの出演経歴を持ち、2018年12月に初の単独来日公演、そしてコロナ禍前の2020年2月単独来日公演はソールドアウトとなっている。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。