英シンガー・ソングライター=ジェイムス・ベイ、通算3枚目のオリジナル・アルバム『Leap』リリース!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

グラミー賞ノミネート、本国イギリスではブリット・アワード受賞の経験もあるシンガー・ソングライター、James Bay(ジェイムス・ベイ)が約4年ぶりとなる通算3作目のオリジナル・アルバム『Leap(リープ)』を本日、7月8日にリリース。新たに5曲のリリック・ビデオも公開されました。

James Bay – Nowhere Left To Go – YouTube

James Bay – Love Don’t Hate – YouTube

James Bay – Brilliant Still – YouTube

James Bay – We Used To Shine – YouTube

James Bay – Endless Summer Nights – YouTube

日本盤CDには特別にジェイムス・ベイ本人がアルバムに関して語ったインタビューが掲載されています。

「もし完全な悲しみと、完全な喜びの感情があるとすると、その中間あたりの脆さみたいなものが人間にはみんなあって、それを毎日感じ、それに対処しながら生きているんだと思う」

ジェイムスはそんな場所から曲を書こうとしてコロナ前から制作を始めていましたが、今作の制作途中に新型コロナウィルスによるパンデミックという未曽有の出来事が世界を襲いました。レコーディングはほぼ完了していましたが、一旦全てがストップ。ジェイムスはさらに曲を書くことを決め、そこでできた楽曲とそれまでに制作されていた楽曲の組み合わせが彼曰く、「僕に作れる最も正直で、純粋なアルバムだと思った。つまり、パンデミックの2年間に起きた様々な瞬間のコラージュ」となり、この『リープ』というアルバムは完成しました。

この“リープ”は“跳ぶ”という意味で、アメリカの作家、ジョン・バロウズの“跳べば、網は現れる”という言葉を知り、その言葉に大いなる刺激を受けたところからこのタイトルが付けられました。周りにいる人たちが自らが跳ぼうとした時に網となって現れてくれることに気づいた、そんな“いつまでも人間は成長できるんだ”ということをドキュメントするアルバムとなりました。日本盤CDに掲載されたインタビューでは、全曲に関してのジェイムス本人の解説もあり、それらを読むとよりアルバム収録曲のそれぞれがもっと身近に感じられます。

シングルとしてリリースされた「ギヴ・ミー・ザ・リーズン」、「ワン・ライフ」等、自分と相手との関係や自身の内省を歌う曲が多く収録されている中で、アルバムの11曲目には「エンドレス・サマー・ナイツ」という曲が収録。この曲では若い頃夏フェスへ行っていた頃のことが高揚感と共に歌われており、日本でも今年は早々に梅雨が明けましたが、まさにこれからの夏フェスの季節にジャストな“アルバムの中できらりと光る名曲”が収録されていることも見逃せません。

アルバムの制作には様々なプロデューサーが起用され、ナッシュヴィルでの対面作業やオンライン越しの作業を通じて制作が進められました。ビリー・アイリッシュの兄、フィニアスもそんなプロデューサー陣に名を連ねる一人ですが、彼との作業は、「フィニアスとはZoom でいろんな音楽の話を延々とし、彼がどういう風にトラックを作り、プロデュースしていくかのプランを立てた。実際の作業が始まってからは、彼からいくつものヴァージョンが送られてきて、こちらからも送り返し、メールでやり取りを続けた」と述べており、まさにこの制作方法もコロナ禍という今の時代を象徴するものとなったと言えます。

このアルバムのリリースを記念して、Apple Musicにて『Apple Music Home Session』をリリース。自分の大切なパートナーとの関係を歌った「ワン・ライフ」をはじめ、前座を務めたこともあるザ・ローリング・ストーンズの「無情の世界」、コールドプレイの「トラブル」、そしてオアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」のアコースティック・カヴァーを収録しています。
(「 」内の発言は全てジェイムス・ベイ本人によるもの/アルバム『リープ』日本盤CDに掲載された本人のインタビューより転載)

James Bay(ジェイムス・ベイ)photo by Julian BroadJames Bay(ジェイムス・ベイ)photo by Julian Broad

■商品情報

ジェイムス・ベイ『Leap』

ジェイムス・ベイ / James Bay
リープ / Leap
2022年7月8日発売
リリース情報詳細
日本盤CD UICU-1343 定価\2,860円(本体2,600円 税率10%)ボーナス・トラック2曲収録

■『Leap』トラックリスト
1 ギヴ・ミー・ザ・リーズン
2 ノーホエア・トゥ・ゴー
3 セイヴ・ユア・ラヴ
4 エヴリバディ・ニーズ・サムワン
5 ワン・ライフ
6 サイレント・ラヴ
7 ラヴ・ドント・ヘイト・ミー
8 ブリリアント・スティル
9 ライト・ナウ
10 ウィ・ユースト・トゥ・シャイン
11 エンドレス・サマー・ナイツ
12 ベター
13 ギヴ・ミー・ザ・リーズン(ストリップド・アコースティック)*
14 ワン・ライフ(アコースティック)*
* 日本盤CDボーナス・トラック

■EP『Apple Music Home Session』
2022年7月1日リリース
リリース情報詳細

■アーティスト情報
日本公式サイト
海外公式サイト
instagram
twitter
TikTok

WRITER

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事