ア・グレイト・ビッグ・ワールド、レイチェル・プラッテンと共演した書き下ろしの新曲「Nothing's Impossible」が映画『屋根裏のラジャー』主題歌に決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アメリカの実力派男性デュオ、A Great Big World(ア・グレイト・ビッグ・ワールド)が、Rachel Platten(レイチェル・プラッテン)を迎えた新曲「Nothing's Impossible(ナッシングズ・インポッシブル)」が配信リリース。12月15日(金)に公開されるスタジオポノックの長編新作アニメーション映画『屋根裏のラジャー』の主題歌に決定し、本楽曲を使用した映画の新たな予告編映像も公開されました。

YouTube映画『屋根裏のラジャー』予告②【12月15日公開】 - YouTube

ア・グレイト・ビッグ・ワールドはクリスティーナ・アギレラとデュエットしたシングル「セイ・サムシング」が、2015年の第57回グラミー授賞式で、<最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオ/グループ)賞>を受賞したアメリカの実力派男性デュオ。

2015年のシングル「ファイト・ソング」が全米でトリプル・プラチナム・セールスを記録し、累計の動画再生回数が6億回以上という“究極の自分応援ソング”としてSNSを中心に世界中でロングラン・ヒットとなっている女性シンガーソングライター、レイチェル・プラッテンが参加した本楽曲は、『屋根裏のラジャー』のプロデューサーである西村義明氏からの熱いラブコールによって実現した楽曲。ア・グレイト・ビッグ・ワールドとレイチェル・プラッテンの奇跡のデュオによる心に染み入る歌声は、映画のエンディングを飾ると同時に世界を包み込む感動の歌声と評価も高く、ラジャーとその仲間たちの人生の物語を紡ぐ、生命力に溢れた主題歌の誕生となりました。

また、この主題歌をはじめ映画を彩る楽曲を収録したオリジナル・サウンドトラックも12月6日(水)に発売されることが決定しています。

■ア・グレイト・ビッグ・ワールド コメント
スタジオポノックの新作『屋根裏のラジャー』のために「Nothing's Impossible」を手掛けられたことは非常に光栄でした。この美しい物語の本質を歌に込めようと懸命に努力しましたが、簡単なことではなく、スタジオポノックと何度も有意義な話し合いを重ねることでようやく出来上がりました。そして、数年前、同じ頃に一緒にニューヨークで舞台に立っていたレイチェル・プラッテンもこの曲の一員であることがとても嬉しいです。この曲を一緒に唄うメンバーとして彼女が提案されたことは予期せぬ素敵な偶然でした。

■レイチェル・プラッテン コメント
スタジオポノックの新作『屋根裏のラジャー』は、闇の中で私たちを導く魔法と喜びに満ちています。友人でもあるア・グレイト・ビッグ・ワールドのイアン・アクセルと一緒に唄った「Nothing's Impossible」は、その真意と何より希望に共鳴した曲であり、それらは私自身の人生の道しるべでもあります。
この創造的な作品を体感することで、笑いや喜びをもたらし、そして頑張ろうと思える強い気持ちが皆さまの心に宿ることを願います。

■プロデューサー 西村義明 コメント
ラジャーの人生は、自分たちの人生でもある。人生は歓びに満ち、そして悲しみに満ちていること、自分の人生は意味があること。ラジャーの人生を重ね包み込み、心に寄り添い残る曲。そして、力強く歌い上げる歌声で映画の物語を締めくくる主題歌が欲しい。

A Great Big WorldA Great Big World

Rachel PlattenRachel Platten

『屋根裏のラジャー』『屋根裏のラジャー』

■商品情報

 Great Big World featuring Rachel Platten「Nothing's Impossible」

<配信シングル>
Nothing’s Impossible / A Great Big World featuring Rachel Platten
「ナッシングズ・インポッシブル」 ア・グレイト・ビッグワールド featuring レイチェル・プラッテン
配信日時:2023年11月3日(金・祝)0:00
配信リンク
リリック・ビデオ

映画『屋根裏のラジャー』オリジナル・サウンドトラック

<アルバム>
映画『屋根裏のラジャー』オリジナル・サウンドトラック
発売日・配信日:12月6日(水)発売 (配信は0:00)
形態/品番/価格:
《LP》 UIJE-9003/4,950円(税込)
《CD》 UICE-1217/3,300円(税込)
作品リンク
(※上記リンクは配信後・発売後に有効となります)

■アーティスト・プロフィール
ア・グレイト・ビッグ・ワールド A Great Big World
2012年、NY大学で出会ったイアン・アクセルとチャド・ヴァッカリノの2人で結成。2013年にクリスティーナ・アギレラとのデュエット曲「Say Something」で、マルチプラチナ・シングルを獲得、10億以上のストリーミングを集め、2015年グラミー賞®の最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞を受賞。翌年の初アルバム『Is There Anybody Out There?』はビルボード200で初登場3位を記録し、ゴールドディスクを獲得。2018年にアンドレア・ボチェッリとその息子マッテオ・ボチェッリのために「Fall On Me」を書き下ろし、映画『くるみ割り人形と4つの王国』のサウンドトラックとエンドクレジットを飾った。スタジオポノックの最新作『屋根裏のラジャー』の主題歌「Nothing's Impossible」を作詞・作曲し、レイチェル・プラッテンとデュエットを手がける。

レイチェル・プラッテン Rachel Platten
マルチ・プラチナ認定、エミー賞受賞のシンガーソングライター。2015年リリースのデビューシングル「Fight Song」は240万枚以上を売り上げる大ヒット、再生回数6億回超え、全米で400万回ダウンロード、各国のシングルチャートを賑わせヒラリー・クリントン大統領選挙の応援歌として起用された他、2016年女子国際アイスホッケー連盟国際大会の公式ソング、フォードのCMソング等、世界中で支持されるヒットナンバーとなった。
メジャーデビューアルバム「Wildfire」(16年)は全米初登場5位を記録し、ゴールドディスク認定。セカンド・アルバム「Waves」(17年)リリース後、家庭に専念するため音楽活動を一時休止。2018年、娘に捧げる曲「You Belong」を発表、2023年「Girls」をリリース。長編アニメーション映画『屋根裏のラジャー』の主題歌 「Nothing’s Impossible」はア・グレイト・ビッグ・ワールドとデュオが実現。

■作品概要
タイトル:『屋根裏のラジャー』
公開日:2023年12月15日(金)
声の出演:寺田心 鈴木梨央/安藤サクラ/仲里依紗 杉咲花 山田孝之/高畑淳子 寺尾聰/イッセー尾形
原作:A.F.ハロルド 「The Imaginary」(「ぼくが消えないうちに」こだまともこ訳・ポプラ社刊)
監督:百瀬 義行
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「屋根裏のラジャー」製作委員会
コピーライト:© 2023 Ponoc
公式HP

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事