ザ・ローリング・ストーンズ「Angry」日本盤シングルCDが本日発売!第2弾シングル「Sweet Sounds Of Heaven」の日本盤CDシングルは11月24日に発売決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

10月20日に発売となるThe Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)18年振りのオリジナル・アルバム『Hackney Diamonds(ハックニー・ダイアモンズ)』からのリードシングル「Angry(アングリー)」の日本盤シングルCDが本日(10月13日)に発売。この発売にあわせてミュージック・ビデオ撮影舞台裏映像に日本語字幕が付いた映像が公開となりました。

【和訳付MV撮影舞台裏】ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」【フジ金9ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』主題歌】 – YouTube

この映像では、ミュージック・ビデオ監督によって、ラスベガスのストリップ通りの屋外広告を使った理由や、出演している若手俳優Sydney Sweeney(シドニー・スウィーニー)によるコメントがフィーチャーされています。

また、「Angry」が主題歌となっているフジテレビ系新ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』の第1回も本日21時から放送(初回15分拡大放送)。番組の公式XやTikTokには、主題歌を使用した番組の本編予告映像が公開となっています。

さらに第2弾シングル「Sweet Sounds Of Heaven(スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン)」 の日本盤シングルCDが11月24日にリリースされることが決定。日本盤のみ「Sweet Sounds Of Heaven」のラジオ・エディットがボーナス・トラックとして収録されます。

「無情の世界」や「ライトを照らせ」の系譜に連なるゴスペルを取り入れたストーンズの叙事詩である「Sweet Sounds Of Heaven」は、Mick Jagger(ミック・ジャガー)、Keith Richards(キース・リチャーズ)の作で、ロサンゼルスのヘンソン・スタジオ、ロンドンのメトロポリス・スタジオ、バハマのナッソーのサンクチュアリ・スタジオでレコーディングされました。ロサンゼルスでのセッションの最中に、ストーンズはStevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)Lady Gaga(レディー・ガガ)をスタジオに招いて共に作業が行われました。

レディー・ガガもスティーヴィー・ワンダーも過去にストーンズとの共演経験があり、レディー・ガガは、2012年の『50&カウンティング・ツアー』の際に、ストーンズのステージに登場。ガガと共演した「ギミー・シェルター」は、のちに『GRRRライヴ!』に収録されました。スティーヴィー・ワンダーは、1972年にストーンズのアメリカ・ツアーで「サティスファクション」のメドレーや「アップタイト」を共に演奏しています。

Credit Mark SeligerCredit Mark Seliger

■商品情報

ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」

・CDシングル
ザ・ローリング・ストーンズ
「アングリー」
2023年10月13日(金)発売
価格:1,100円(税込)/品番:UICY-5138
日本盤のみ 歌詞・対訳付
楽曲先行配信中/シングルCD/輸入アナログ盤はこちら
楽曲先行配信中/シングルCD/輸入アナログ盤はこちら

ザ・ローリング・ストーンズ「スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン」

・CDシングル
ザ・ローリング・ストーンズ
「スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン」
2023年11月24日 (金)発売
価格:1,100円(税込)/品番:UICY-5139
日本盤のみ 歌詞・対訳付
予約はこちら
■トラックリスト
01. スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン
02. スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン(ラジオ・エディット)※日本盤のみボーナス・トラック

ザ・ローリング・ストーンズ『ハックニー・ダイアモンズ』

・アルバム
ザ・ローリング・ストーンズ『ハックニー・ダイアモンズ』
2023年10月20日(金)発売
国内盤全4形態で発売
予約はこちら
①CD(デジパック仕様)
②CD(ジュエルケース仕様)
③CD+ブルーレイ
④1LP(直輸入仕様/限定盤)
<日本盤CDのみ>
ボーナス・トラック1曲収録/英文解説翻訳付/歌詞対訳付/SHM-CD仕様

■トラックリスト
01. アングリー
02. ゲット・クロース
03. ディペンディング・オン・ユー
04. バイト・マイ・ヘッド・オフ
05. ホール・ワイド・ワールド
06. ドリーミー・スカイズ
07. メス・イット・アップ
08. リヴ・バイ・ザ・ソード
09. ドライヴィング・ミー・トゥー・ハード
10. テル・ミー・ストレイト
11. スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン
12. ローリング・ストーン・ブルース
[日本盤のみボーナス・トラック]
リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン
・アルバムゲストアーティスト:
ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダー、ビル・ワイマン

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事