エルヴィス・コステロの最初のバンド“ラスティ”の初録音作品が本日発売。本人が語るアルバムの全貌も公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Elvis Costello(エルヴィス・コステロ)とAllan Mayes(アラン・メイズ)によるバンド、Rusty(ラスティ)が1972年の初ライヴから50周年を記念して再結成、当時のレパートリーをレコーディングした初録音作品『ザ・レザレクション・オブ・ラスト』の日本盤CDが本日(7月20日)リリースされました。この発売にあわせてエルヴィス・コステロ自身が語る『The Resurrection Of Rust(ザ・レザレクション・オブ・ラスト)』の日本語訳が日本の所属レコード会社のホームページに公開。ここには、なぜ50年前のバンドで今録音するのか?そしてその選曲についてが語られています。

エルヴィス・コステロ、ラスティ『ザ・レザレクション・オブ・ラスト』の全貌を語る

ラスティは1972年当時、約1年間の活動期間中、数多くのライヴを行いましたが、レコーディング・スタジオに入ることはなかったため、今回発売されたアルバムが“デビュー作”となります。オリジナル2曲、カヴァー4曲に加え、日本盤には貴重なデモ音源が1曲追加収録されています。去る5月29日に開始した全英ツアーの会場で予告なく販売開始され、ファンにとっては嬉しいサプライズとなりました。

『ザ・レザレクション・オブ・ラスト』を構成するのは、ラスティが1972年のステージで披露していたセットリストから選ばれた6曲の新録音(日本盤は全7曲収録)。

デュエットで歌われる、ニック・ロウの1972年の曲「サレンダー・トゥ・ザ・リズム」と「ドント・ルーズ・ユア・グリップ・オン・ラヴ」、ケンタッキー出身ソングライター、ジム・フォードによる「アイム・アヘッド・イフ・アイ・キャン・クイット・ホワイル・アイム・ビハインド」、オリジナル2曲「ウォーム・ハウス(アンド・アン・アワー・オブ・ジョイ)」(マクマナス作)と「モーリーン&サム」(メイズとマクマナスの共作)。ニール・ヤングの「エヴリボディ・ノウズ」と「ダンス・ダンス・ダンス」は1曲にアレンジされ、後者ではコステロがエレクトリック・ヴァイオリンを初披露しています。

プロデュースはエルヴィス・コステロとセバスチャン・クリス(コステロの近作のプロデューサー)、演奏にはコステロのバンドのジ・インポスターズ(ピート・トーマス[Ds]、スティーヴ・ナイーヴ[Key]、デイヴィ・ファラガー[B])、ボブ・アンドリュース[Key]が参加しています。

Elvis Costello, Rusty – Surrender To The Rhythm – YouTube

Rusty Photo Credit LaDonna WolfeRusty Photo Credit LaDonna Wolfe

■商品情報

ラスティ『ザ・レザレクション・オブ・ラスト』

ラスティ『ザ・レザレクション・オブ・ラスト』
Rusty / The Resurrection Of Rust
2022年7月20日発売
CD: UICY-16089/¥2,420(税込)
日本盤のみSHM-CD仕様/日本盤ボーナス・トラック1曲収録(7)/ラスティのコメント・日本語訳付
試聴・購入

■収録曲
1. Surrender To The Rhythm サレンダー・トゥ・ザ・リズム
2. I’m Ahead If I Can Quit While I’m Behind アイム・アヘッド・イフ・アイ・キャン・クイット・ホワイル・アイム・ビハインド
3. Warm House (And An Hour Of Joy) ウォーム・ハウス(アンド・アン・アワー・オブ・ジョイ)
4. Don’t Lose Your Grip On Love ドント・ルーズ・ユア・グリップ・オン・ラヴ
5. Maureen & Sam モーリーン&サム
6. Everybody Knows This Is Nowhere / Dance Dance Dance  エヴリボディ・ノウズ/ダンス・ダンス・ダンス
7. Silver Minute シルヴァー・ミニット

■発売中

エルヴィス・コステロ『ザ・ボーイ・ネームド・イフ』

エルヴィス・コステロ『ザ・ボーイ・ネームド・イフ』2022年1月14日発売
Elvis Costello / The Boy Named If
CD: UICY-16039/2,750円(税込)
日本盤のみSHM-CD仕様/日本盤ボーナス・トラック1曲収録
試聴・購入

■リンク(エルヴィス・コステロ)
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事