NFL公式アカウントがリアーナのハーフタイムショーの模様をYouTubeで公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

NFL公式アカウントが本日行われたRihanna(リアーナ)のハーフタイムショーの模様をYouTubeで公開しました。

YouTubeRihanna’s FULL Apple Music Super Bowl LVII Halftime Show - YouTube

リアーナの待望のパフォーマンスには、フローティング・ステージと白の衣装に身を包むダンサーのグループが含まれており、Jonathan Anderson(ジョナサン・アンダーソン)が手掛けた赤の衣装で登場。パフォーマンスを通してさまざまなステージに移動しながら過去のヒット曲を次々と歌いあげます。シンプルな構成ながらも圧倒的な存在感はシンガーとしてのリアーナの健在ぶりがわかるステージとなりました。ラストの「Diamond」を歌い上げる場面ではステージを釣り上げているワイヤーが揺れる様子も見られましたが臆することなく歌い上げています。

リアーナの代理人はハーフタイムショー終了後、「第2子の妊娠」を米ビープル誌で認めており、NFLの公式ツイッターではボーイフレンドで子供の父親でもあるA$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)がショーを楽しんでいる様子も捉えています。

■ハーフタイムショーセットリスト
Bitch Better Have My Money
Where Have You Been
Only Girl (In The World)
We Found Love
Rude Boy
Work
Wild Thoughts
Pour It Up
All of the Lights
Run This Town
Umbrella
Diamond

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事