【全英シングルチャート】ケイト・ブッシュ「神秘の丘」がリリースから37年かけて初の1位を獲得!LF Systemがトップ5入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、Kate Bush(ケイト・ブッシュ)の1985年のヒット曲「Running Up That Hill(邦題:神秘の丘)」が1985年のリリースから37年かけて初の首位を獲得しました。Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン4で使用され前例のないバイラルヒットとなり、TikTokでの人気も後押しする結果となりました。

YouTubeKate Bush – Running Up That Hill – YouTube

ケイト・ブッシュが全英チャートで1位を獲得するのは1978年のデビュー曲「Wuthering Heights(邦題:嵐が丘)」以来2度目となり、44年ぶりの快挙となりました。女性アーティストの中で2度目の首位獲得期間がこれまで最も長かったのはCher(シェール)で、1965年Sonny & Cher(ソニー&シェール)時代の「I Got You Babe」から25年後の1990年に「The Shoop Shoop Song (It’s in His Kiss)」で1位を獲得しました。男性を含めるとTom Jones(トム・ジョーンズ)が1966年「Green, Green Grass of Home」から約43年後の2009年、「(Barry) Islands in the Stream」で1位を獲得。ケイト・ブッシュはこの記録を大きく更新することとなりました。

関連記事
Kate Bush(ケイト・ブッシュ)のプロフィール・バイオグラフィーまとめ

ケイト・ブッシュが首位を獲得したことで連続首位記録が10週でストップとなったHarry Styles(ハリー・スタイルズ)「As It Was」が2位に後退。3位はロンドン出身のシンガーソングライター、Cat Burns(キャット・バーンズ)の「Go」がキープしています。

YouTubeHarry Styles – As It Was – YouTube

YouTubeCat Burns – Go – YouTube

4位には先週ご紹介したスコットランドのダンスデュオ、LF System(LFシステム)の「Afraid to Feel」がTikTokバイラルの影響で急上昇。69位に初登場でランクインを果たし、先週13位、そして今週4位と登場3週目でトップ5入り。デュオにとって初のトップ10入り、トップ5入りを果たしました。

YouTubeLF SYSTEM – Afraid To Feel – YouTube

関連記事
1度聞いたらハマる!スコットランドのDJデュオ、LF SYSTEMの「Afraid to Feel」が全英トレンドチャートで1位に

5位はLizzo(リゾ)の「About Damn Time」、6位はGeorge Ezra(ジョージ・エズラ)の「Green Green Grass」がランクアップ。最新アルバム『Gold Rush Kid』はアルバムチャートで初登場1位を獲得しています。

YouTubeLizzo – About Damn Time – YouTube

YouTubeGeorge Ezra – Green Green Grass – YouTube

7位はTion Wayne(ティオン・ウェイン)「IFTK」、8位はハリー・スタイルズ「Late Night Talking」、9位は『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2022』で準優勝を果たしたマルドン出身のTikTokスター、Sam Ryder(サム・ライダー)が2月にリリースしたシングル「Space Man」がそれぞれランクダウン。

YouTubeTion Wayne – IFTK (Feat. La Roux) – YouTube

YouTubeHarry Styles – Late Night Talking – YouTube

YouTubeSam Ryder – SPACE MAN (Eurovision Song Contest) – YouTube

10位には先週12位からのランクアップで、ハリー・スタイルズ「Music For a Sushi Restaurant」がランクイン。ハリー・スタイルズは再びトップ10に3曲を送り込みました。

YouTubeHarry Styles – Music For a Sushi Restaurant – YouTube

これまで50週連続でトップ10入りを果たしていたEd Sheeran(エド・シーラン)。先週10位だった「2Step」が11位にランクダウンとなり、連続記録はここまでとなりました。しかし複数の曲でランクインし続けたエド・シーランは全英チャートにおける偉業を成し遂げたのではないでしょうか。

関連記事
エド・シーランが密かにとんでもない記録を更新中!全英チャートでトップ10連続ランクイン記録がついに50週目に到達!

そのほかトップ10以下ではDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)Becky Hill(ベッキー・ヒル)Ella Henderson(エラ・へンダーソン)を迎えた「Crazy What Love Can Do」が12位と最高位を更新。エラ・へンダーソンはゲスト参加したNathan Dawe(ネイサン・ドウ)の新曲「21 Reasons」も上昇しており、14位と最高位を更新しています。

YouTubeDavid Guetta & Becky Hill & Ella Henderson – Crazy What Love Can Do – YouTube

YouTubeNathan Dawe x Ella Henderson – 21 Reasons – YouTube

また31位に初登場でランクインしているのがJoji(ジョージ)の「Glimpse of Us」。大阪出身、日本とオーストラリアのハーフであるジョージの新作はオーストラリアで4位と初のトップ10入りを果たしており、Spotifyのグローバルチャートでも1位を獲得。今後も上昇が期待できます。

YouTubeJoji – Glimpse of Us – YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事