セイレム・イリースがNFTをテーマにした新曲「Crypto Boy」をリリースし、リリック・ビデオも公開!

TikTokがきっかけで、総再生回数2億超えの「Mad at Disney」で知られる、アメリカはカリフォルニア生まれのPOP シンガー・ソングライター、salem ilese(セイレム・イリース)。昨今話題の「NFT」というキーワードを駆使した新曲「Crypto Boy(クリプト・ボーイ)」をリリースし、リリック・ビデオを公開しました。

salem ilese - crypto boy - YouTube

今作は4月末からTikTokに投稿し、その後、ロシアのフェミニスト・パンク・ロック集団/アクティヴィストであるプッシー・ライオットのナジェージダ・トロコンニコワに、シングルのジャケ写のデザインを依頼。そして、SOUND XYZという音楽のNFTプラットフォームに出展したところ、24時間で86.4 ETH(イーサリアム/NFTの通貨)まで上昇し、アメリカドルに換算すると、169,000ドル(日本円にて約2,100万円)以上の価値になりました。その売上全額は、生殖権と人権のために戦う非営利団体のThe Center for Reproductive Rightsへ贈られています。

セイレムは、「私のニュー・シングル「Crypto Boy」は、NFTのマーケットプレイスであるOpenSeaをまるでインスタグラムの様にチェックしては、その信じられない程の額について日々話題にしている世の中に「目を覚まして!」という注意喚起をするための曲なの。私達には、ロー対ウェイド事件の様な、他にも緊急事態として取り組んで議論すべきことがあるはず」とコメントしています。

また、セイレムが「Crypto Boy」のジャケ写のデザインを依頼した、ナジェージダ・トロコンニコワは、Unicorn DAOを立ち上げ、NFT上で450万ドル(日本円にて約5億7,000万円)を男女不平等の社会に対して戦うための寄付金を集めた他、今年の3月にはウクライナを支援するために5日間で700万ドル(日本円にて約8億8,000万円)の寄付金を集めている活動家。ナジェージダは、今回セイレムからの提案に関して、「すぐに“YES PLEASE(ええ、是非)”と返事したわ。「Crypto Boy」は素晴らしい楽曲で、NFTに注目する人々の視線を、女性、ノンバイナリー、LGBTQ、そしてデジタル・アーティスト達に向ける活動をしている私にとっては、これ以上完璧な楽曲は無いと思っているわ。」と語っています。

今年に入って、TOMORROW X TOGETHERとアラン・ウォーカーとの豪華なコラボレーション楽曲「PS5」をリリースしているセイレム・イリース。更にはサマーソニックで初来日を控えています。

salem ilesesalem ilese

■商品情報

セイレム・イリース「Crypto Boy」

シングル「Crypto Boy」
2022年5月31日配信(デジタル限定配信)
試聴/購入リンク

■バイオグラフィー
カリフォルニア生まれ、現在22歳のPOP シンガー・ソングライター。幼稚園の頃から好きな男の子ついて歌い始め、12歳の頃には、シェールなどの楽曲制作にも携わったボニー・ヘイズがセイレムのソングライティングの才能に気づく。その後バークリー音楽学校を通って音楽を学ぶが中退し、今はロサンゼルス在住。週末も惜しまず働きながら発表し続けていた楽曲の中から「Mad at Disney」がTikTokをきっかけに世界中でブレイクし、ストリーミング総再生回数が2億を越えるヒット曲になる。その後も精力的に楽曲制作活動を続け、2021年にはEP『(L)only Child』のリリースの他、アラン・ウォーカー、サーフェシズ等とのコラボ作の発表や、ベラ・ポーチの「Build A Bitch」やTOMORROW X TOGETHERの「Anti-Romantic」の楽曲制作などを手掛けてきた。そして2022年2月に新しいEP『UNSPONSORED CONTENT』をリリースし、8月にはサマーソニックで初来日を予定している。

■リンク
アーティスト日本公式ページ

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。