ニッケルバックが2年ぶりとなる新曲「San Quentin」のリリック・ビデオを公開!11月18日には5年5か月ぶりとなる新作アルバム『Get Rollin’』のリリースも発表

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Nickelback(ニッケルバック)が2年ぶりとなる新曲「San Quentin(サン・クエンティン)」をリリースし、リリック・ビデオを公開しました。さらに11月18日には5年5か月ぶりとなる10枚目のスタジオ・アルバム『Get Rollin’(ゲット・ローリン)』のリリースも発表。「San Quentin」はリードシングルとなります。

Nickelback – “San Quentin” – YouTube

昨年夏に行われた海外メディアのインタビューでベーシストのマイク・クルーガーは、新曲に関するバンドの進捗状況について尋ねられたとき、「それは今起こっている」とコメントし、レーベルのスケジュールではなく自分たちのペースで楽曲制作を行っていることを明かしていました。

シングルとしては2020年にリリースされた「The Devil Went Down to Georgia」以来となった今作。アメリカ合衆国カリフォルニア州マリン郡の非法人地域サン・クエンティンにある刑務所を意味するタイトル「San Quentin」についてラジオ局「WRAT」とのインタビューでリード・ヴォーカリストのチャド・クルーガーは、パーティーでサン・クエンティンの刑務所長に会ったときその若さに驚き、そこから歌詞のインスピレーションを得たと述べています。

コロンビア州バーナビーにあるサイモン・フレイザー大学の学校に通う学生がニッケルバックが主催する次のシングルのビデオ撮影に参加するよう招待されたことを示すニュースレターを受け取った事も報じられており、今後ミュージック・ビデオが公開される可能性も指摘されています。

『Get Rollin’』のトラックリストも公開されており、全11曲が収録される予定です。

■『Get Rollin’』トラックリスト
1. San Quentin
2. Skinny Little Missy
3. Those Days
4. High Time
5. Vegas Bomb
6. Tidal Wave
7. Does Heaven Even Know You’re Missing?
8. Steel Still Rusts
9. Horizon
10. Standing In The Dark
11. Just One More

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事