世界中で絶賛されている『クリスマス・シンフォニー』ツアー いよいよ来週開催!『クリスマス・シンフォニー』 Blu-ray、DVDは11月16日(水) 発売

世界で最も売れているソプラノ歌手であり、グラミー賞にもノミネートされた世界的アーティスト、Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)によるクリスマス・ツアー「クリスマス・シンフォニー」の日本初公演がいよいよ来週に迫ります。

Sarah BrightmanSarah Brightman

美しいホリデー・ショーでは、サラが自身のヒット曲の数々を披露。「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」、「ファントム・オブ・ジ・オペラ(オペラ座の怪人)」、「ピエ・イエス」、そして、感動的なクリスマスの名曲の数々です。オーケストラや合唱団と共演するサラは、特別ゲストとして日本のスーパースターで作曲家のYOSHIKIを迎えられることを光栄に思うとコメント。

全6公演が予定されている「クリスマス・シンフォニー」来日公演は、11月24日(木)に東京国際フォーラム ホールA でスタートし、名古屋と大阪でも開催。一年で最も素晴らしい時期の忘れられないクリスマス・スペクタクルになることは間違いありません。 チケットは現在、好評発売中。

また、ちょうどホリデーシーズンに間に合うように、彼女の「クリスマス シンフォニー」日本初開催と、3年ぶりの来日を記念して、サラの初めてのクリスマス・ホリデー・スペシャルがリリースされます。これまでサラの海外ツアーでしか購入できなかったサラのスペシャル・ビデオ『クリスマス・シンフォニー』が、2022年11月16日(水)にBlu-rayとDVDの両方で日本でのみ一般発売されることが決定。

サラは、2020年にロンドンの美しい歴史的なクライスト・チャーチ・スピタルフィールズで、初のクリスマス・ホリデー・スペシャル「クリスマス シンフォニー」を撮影。ホリデーシーズンを祝い、歴史的教会を冬のワンダーランドに変えて、サラが新たに息吹を吹き込んだクリスマスの名曲やファンに人気の美しい楽曲の数々を披露する予定となっています。

「きよしこの夜」、「アイ・ビリーヴ・イン・ファーザー・クリスマス」、「アヴェ・マリア」、「コールダー・ザン・ウィンター」、「アメイジング・グレイス」、「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」など、どれもサラ本人によって選ばれた時代を越えたクリスマスの定番曲。また、クリスマスは友人たちと一緒にということで、トリニティ・カレッジのオーケストラと聖歌隊員とともに、特別ゲスト、アレッド・ジョーンズ(『スノーマン』の挿入歌)とクワイア・グレゴリアンが招かれました。もう一人の特別ゲスト、アンドリュー・ロイド・ウェバーとサラが再会を果たすのは、ロイド・ウェバー、ティム・ライス作詞作曲の「クリスマス・ドリーム」。いつまでも記憶に残る、新しくも美しいアレンジで歌われるホリデーを彩る名曲の数々は、思い出に残ることは間違いありません。

■公演概要
サラ・ブライトマン「クリスマス・シンフォニー・ツアー」
スペシャル・ゲストのYOSHIKIをはじめ、オーケストラ、合唱団との共演。
企画・制作・招聘:Live Nation Japan合同会社
公演HP

■東京公演
2022年11月24日(木)、25日(金)東京国際フォーラム ホールA
開場18:00 開演19:00
2022年11月27日(日)東京ガーデンシアター
開場17:00 開演18:00
お問い合わせ:ライブネーション・ジャパン
info@livenation.co.jp
■名古屋公演
2022年11月28日(月)愛知県芸術劇場 大ホール(全席完売)
開場18:00 開演19:00
お問い合わせ:キョードー東海 052-972-7466
(月~金 12:00-18:00 土 10:00-13:00 ※日・祝除く)
■大阪公演
2022年11月30日(水)グランキューブ大阪
開場18:00 開演19:00
2022年12月1日(木)フェスティバルホール(全席完売)
開場18:00 開演19:00
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888
(11:00-16:00 ※日・祝除く)

■チケット料金(全公演共通)
VIP:100,000円(サラ・ブライトマンとのミート・アンド・グリーと、グッズ付き)
GOLD:40,000円(グッズ付き)
S:19,000円
A:18,000円

■商品詳細
サラ・ブライトマン / クリスマス・シンフォニー
SARAH BRIGHTMAN
A CHRISTMAS SYMPHONY
2022年11月15日(水)、サラ初のクリスマス・ホリデー・スペシャル
『クリスマス・シンフォニー』の完全映像が日本限定で一般発売。
スペシャル・ゲスト: アンドリュー・ロイド・ウェバー、アレッド・ジョーンズ、クワイア・グレゴリアン

SARAH BRIGHTMAN『A CHRISTMAS SYMPHONY』

[Blu-ray版]
価格:5,500円 (税込)
商品番号:UIXY-15049

SARAH BRIGHTMAN『A CHRISTMAS SYMPHONY』

[DVD版]
価格:4,400円 (税込)
商品番号:UIBY-15136
商品購入はこちら

■収録曲※Blu-ray、DVDは同一内容です
1.くるみ割り人形(序曲) Nutcracker (overture)
Music by Pyotr Tchaikovsky Published by Omen Music Publishing
2.アヴェ・マリア Ave Maria
Music and Lyrics by Franz Schubert Published by Omen Music Publishing Limited
3.きよしこの夜 Silent Night
Music and Lyrics by Franz Xaver Gruber & Joseph Mohr.
Arranged by Frank Peterson & Carsten Heusmann Published by Omen Music Publishing Limited
4.ウォーキング・イン・ジ・エアー(アレッド・ジョーンズ&レオ・ジェミソン) Walking In The Air (Aled Jones and Leo Jemison)
Music and Lyrics by Howard Blake Published by Chester Music Limited.
© 2016 Chester Music Limited. All rights reserved, International Copyright Secured.
5.ピエ・イエス(サラ&レオ・ジェミソン) Pie Jesu (Sarah and Leo Jemison)
Music and Lyrics by Andrew Lloyd Webber Published by The Really Useful Group / Universal Music Publishing International Ltd.
All rights reserved.
6.アライヴァル Arrival
Music by Benny Andersson, Stig Anderson & Bjorn Ulvaeus. Lyrics by Bjorn Ulvaeus Published by Universal Music Publishing Limited
7.コールダー・ザン・ウィンター Colder Than Winter
Music and Lyrics by Vincent Grant Gill Published by Benefit Music, Kobalt Music Publishing Ltd.
8.クリスマス・ドリーム(サラ with アンドリュー・ロイド・ウェバー) Christmas Dream (Sarah with Andrew Lloyd Webber)
Music by Andrew Lloyd Webber. Lyrics By Tim Rice Published by Screen Gems / EMI Music Ltd. All rights reserved.
9.コヴェントリー・キャロル(クワイア・グレゴリアン) Coventry Carol (Choir Gregorian)
Music and Lyrics traditional. Arranged by Frank Peterson & Chris Foster Published by Omen Music Publishing
10.ヒム(サラ with クワイア・グレゴリアン) Hymn (Sarah with Choir Gregorian)
Music & Lyrics by John Lees Published by Man-Ken Music Ltd. / EMI Music Publishing Limited
11.アイ・ビリーヴ・イン・ファーザー・クリスマス I Believe In Father Christmas
Music & Lyrics by Peter John Sinfield, Greg Lake, Sergei Prokofiev Published by Leadchoice Ltd, Hawkes-And-Son (London) Ltd,
BMG Rights Management (UK) Limited
12.くるみ割り人形(ミニチュア・インタールード) Nutcracker (miniature interlude)
Music by Pyotr Tchaikovsky Published by Omen Music Publishing
13.アメイジング・グレイス Amazing Grace
Music & Lyrics by John Newton (Traditional) Arranged by Frank Peterson & Carsten Heusmann Published by Omen Music Publishing Limited
14.ハッピー・クリスマス(戦争は終った) Happy Xmas (War Is Over)
Music & Lyrics John Lennon & Yoko Ono Published by (Lenono Music (GMR)/Ono Music (BMI))
15.アイ・ウィッシュ・イット・クッド・ビー・クリスマス・エヴリデイ(インストゥルメンタル) I Wish It Could Be Christmas Every Day (instrumental)
Music & Lyrics by Roy Wood Published by Roy Wood Music Ltd, EMI Blackwood Music Inc, EMI Music Publishing Ltd.
EXTRAS:
ギャラリー Gallery
ビハインド・ザ・シーンズ Behind the Scenes
Film Directed by Oliver Sommer, Show Directed by Anthony Van Laast
Executive Producers SARAH BRIGHTMAN & FRANK PETERSON
SARAHBRIGHTMAN.COM
(P) 2022 Harmonic Instinct Limited © 2022 Harmonic Instinct Limited.

■サラ・ブライトマン / バイオグラフィー
世界で最も売れているソプラノ歌手であり、ユネスコ平和芸術家にも任命されたサラ・ブライトマンは、全世界で3,000万枚以上のセールスを誇り、40カ国以上で様々な賞を受賞。彼女は、ウエストエンドとブロードウェイの両方のステージで、世界的に有名な「オペラ座の怪人」でクリスティーヌ・ダーエの役を演じ、コンサート・フォー・ダイアナ、ケネディ・センター名誉賞、そしてバルセロナと北京のオリンピックなど、権威のあるイベントに出演した。サラのアルバム『エデン』、『ラ・ルーナ』、『ハレム』、『神々のシンフォニー』、そして『ドリームチェイサー(夢追人)』は、それぞれビルボードのチャートでトップに輝き、アルバム発売に伴う世界ツアーも実現。
2006年に発表された初の本格的ベスト・アルバム『輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン~』は、日本国内だけで60万枚を超えるセールスを記録し、2007年第21回日本ゴールドディスク大賞/クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)を受賞。
2009年には第23回日本ゴールドディスク大賞/クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)をアルバム『冬のシンフォニー』にて受賞し、同年公開の映画『アマルフィ 女神の報酬』では「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が主題歌として起用されたばかりでなく、サラ自身初の日本映画出演を果たす。
2010年第24回日本ゴールドディスク大賞においてアルバム『アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~』で自身3度目となるクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、2012年には人道支援や慈善活動への貢献、自身の音楽キャリアを通じての文化間対話と交流促進への貢献、そしてUNESCOの理念と目的への献身といった功績をたたえられ、ユネスコ平和芸術家に任命された。
彼女の最新スタジオ・アルバム『HYMN~永遠の讃歌』は、 2018 年にリリースされ、ビルボードのクラシックとクラシカル・クロスオーヴァー・チャートで 1 位を獲得。HYMN世界ツアーは、 2018 年 9 月に南米で始まり、2019 年 11 月に彼女の故郷であるイギリスのロンドンで終了した。 名誉博士号(Hon DArt)の授与に加えて、彼女はまた、ユネスコの世界遺産と持続可能な観光プログラムを支援するために、ユネスコ平和アーティストとしての役割を続けている。 このプログラムは、持続可能な観光、遺産管理、自然と文化の保全を重視し、保護するという新しいアプローチだ。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。