シグリッド、完売となった初来日単独公演のライヴレポート到着!さらにセットリストがプレイリストとなって公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

2023年5月25日(木)、東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて「北欧ノルウェーのポップ・センセーション」として知られるシンガー・ソングライター、Sigrid(シグリッド)による初来日単独公演が開催。同公演のライヴ・レポート、そしてセットリストが公式プレイリストとして公開されました。
シグリッド来日公演プレイリスト

来日公演ライヴレポート

シグリッドは2016年発表のシングル「Don’t Kill My Vibes」をきっかけにレコード契約のオファーが舞い込み、瞬く間にグラストンベリー、ラティチュードなどの大型フェスティバルへ出演を果たし、BBC (英国放送協会)が選ぶ最も活躍が期待される注目の新人リストの2018年度版「BBC Sound Of」では堂々の第1位に選出されるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで2019年のデビュー・アルバム『サッカー・パンチ』(本国ノルウェーで初登場1位を獲得し、全英初登場TOP5入り)のリリースを迎えた。

そんな世界的に話題の絶えなかった彼女は、実は2020年5月に開催されるGREENROOM FESTIVALʼ20、そして同じタイミングでの単独公演のために来日が決定していたのだが、新型コロナウィルスの影響でやむなく見送りとなった。その後、2022年5月に意欲的なセカンド・アルバム『ハウ・トゥ・レット・ゴー』(本国ノルウェー初登場1位、全英2位)を発表し、海外ではアリーナを埋めるほどの人気を誇るまでに成長した彼女が文字通り満を持して、GREENROOM FESTIVAL '23および記念すべき初単独公演を敢行するために日本にやってきた。渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行われた単独公演は見事に完売。この日を待ち望んだファンの熱気でいっぱいのライヴが2023年5月25日に行われた。

19時の開演と同時にバンドメンバーと共にステージに立ったシグリッド。日本デビュー・アルバム『ハウ・トゥ・レット・ゴー(ジャパン・エディション)』でも1曲目に置かれている「It Gets Dark」を歌い始めると、その小柄な体型からは想像できないほど大きな声量と豊かな音域で会場中の度肝を抜いた。辛く遠い世界へと旅経つからこそ気づく人生の素晴らしい瞬間を歌った同曲は、自己愛的なテーマを持つ最新アルバムの世界観も丁寧に描いており、シグリッドの見せる世界へ誘うのにぴったりのオープニングとなった。

この日のセットリストは、1stアルバム『サッカー・パンチ』の人気曲も多く収録された日本デビュー・アルバム『ハウ・トゥ・レット・ゴー(ジャパン・エディション)』をほぼ全て網羅したものだが、シグリッドは約80分間のセットリスト全編に渡り一切疲れた様子を見せることなく終始力強く歌い上げていたことが印象的だ。歌唱力に定評のある海外アーティストは多くいるが、ここまで安定感と魅力に溢れた歌い方をできるアーティストは中々珍しいだろう。海外では1万人超えの観客に向けてライヴをする彼女のパワーをこのキャパシティで存分に感じられたのは非常に幸運だったと言っても過言ではない。

また、Tシャツ、ジーンズ、アディダスのスニーカーというシンプルでナチュラルなルックでステージに立った彼女は、その着飾らない装いが彼女のキャラクターをよく表していた。ライヴでは、自分の知らない日本語を観客に聞いたり、当日誕生日を迎えたバンドメンバーに「お誕生日おめでとう」と日本語で言いたかったが、即席で発音するには難しすぎたため、観客に合図を出して代わりに言ってもらう場面もあった。その親しみやすく、ナチュラルな性格に魅了された人は多くいただろう。

既に楽曲制作のために頻繁にスタジオに出入りしていると公言しているシグリッドだが、今後の音楽作品への熱い期待を抱きたくなるライヴとなった。週末の5/27(土)に控えるGREENROOM FESTIVAL '23でのステージも注目必須のものとなるだろう。

© Yaona Sui© Yaona Sui

© Yaona Sui© Yaona Sui

© Yaona Sui© Yaona Sui

© Yaona Sui© Yaona Sui

© Yaona Sui© Yaona Sui

© Yaona Sui© Yaona Sui

■プレイリスト

シグリッド来日公演プレイリスト

シグリッド来日公演プレイリスト

■商品情報

シグリッド『ハウ・トゥ・レット・ゴー(ジャパン・エディション)』

シグリッド『ハウ・トゥ・レット・ゴー(ジャパン・エディション)』
2023年5月10日発売 / 歌詞対訳解説付き / UICI-1161
価格:2,750円(税込)
試聴・購入はこちら

■プロフィール
北欧ノルウェーの港町オーレスン出身のシンガー・ソングライター。2016年にシングル「Don’t Kill My Vibes」を発表すると、レコード会社から即座にオファーが舞い込み、同名のデビューEPを2017年に発表。アルバムデビュー前にもかかわらず、グラストンベリー、ラティチュードなどの大型音楽フェスティバルから出演オファーが殺到。2018年、BBC (英国放送協会)が選ぶ今年最も活躍が期待される注目の新人リストの2018年度版「BBC Sound Of」にて堂々の第1位に選出、さらに“ノルウェー版グラミー賞”として知られるスペッレマンでは「最優秀新人賞」を受賞。デビュー・アルバム『Sucker Punch』は本国ノルウェーで初登場1位を獲得し、全英初登場TOP5入りという輝かしいデビューを飾る。2022年に発表したセカンド・アルバム『How To Let It Go』は再びノルウェーで初登場1位を獲得し、全英チャートでは自身最高位の2位を記録。実験的なプロダクションと思わず聴き入ってしまうノスタルジックかつ力強いヴォーカルで世界を魅了するノルウェー発のポップ・センセーション。

■リンク
海外公式HP
日本公式HP
Twitter
Instagram
Facebook
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事