ニルヴァーナ「Something In The Way」が1200%UPの急上昇。新作映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』に使用されて話題

1991年9月24日に発売されたNirvana(ニルヴァーナ)のアルバム『Nevermind』に収録された楽曲「Something In The Way」が、新作映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』で使用されたことで注目され、アメリカのSpotifyでは再生回数が1200%UPと記録して話題となっています。

Nirvana – Something In The Way – YouTube

ロバート・パティンソンがバットマンを演じ、マット・リーヴスが監督を担当する新作映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』がアメリカにて3月4日に公開されると(日本公開は3月11日)、劇中で印象的に使用されたことを受け、再生回数が上昇。Spotifyの「バイラルトップ50 – アメリカ合衆国」では12位まで上昇(3月9日)、再生回数は1200%UPを記録してSpotifyのTwitterではバットマンを模した画像が公開されています。

ニルヴァーナの楽曲「Something in the Way」は、カート・コバーンがホームレスになっていたらという想像のもとで歌われたもの。

Underneath the bridge / The tarp has sprung a lea
And the animals I’ve trapped/Have all become my pets
橋の下で / 防水シートが雨漏りをしている
捕まえた動物たちは / みんな俺のペットになってしまった

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の監督であるマット・リーヴスは様々なインタビューで今回のバッドマンはカート・コバーンから影響を受けたことを公言。脚本を書いている時に「Something in the Way」を聞いていて、キャラクター造形のカギとなっていることも語っています。

この盛り上がりを受け、ニルヴァーナの日本のレコード会社であるユニバーサル ミュージックのYouTubeチャンネルには「Something In The Way」の歌詞付き動画も公開となりました。

【和訳MV】ニルヴァーナ – サムシング イン ザ ウェイ – YouTube

日本でも『THE BATMAN-ザ・バットマン-』を見た人を中心に、話題となりそうです。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』特別予告(世界の嘘編) – YouTube

Nirvana(ニルヴァーナ)Credit by Chris CuffaroNirvana(ニルヴァーナ)Credit by Chris Cuffaro

■楽曲情報

ニルヴァーナ「サムシング・イン・ザ・ウェイ」

ニルヴァーナ「サムシング・イン・ザ・ウェイ」
Nirvana – Something In The Way
アルバム『Nevermind』収録楽曲
ストリーミング、購入はこちら

■映画情報
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
2022年3月11日(金)日本公開
オフィシャルサイト
DC公式Twitter
DC公式instagram
オフィシャルTikTok
© 2021 WBEI TM & © DC

■商品情報
ニルヴァーナ『ネヴァーマインド – 30周年記念スーパー・デラックス・エディション』
2021年11月12日(金)発売
5CD + Blu-ray
日本盤のみSHM-CD仕様
UICY-79853 
19,800円(税込)

ニルヴァーナ『ネヴァーマインド – 30周年記念デラックス・エディション』
2021年11月12日(金)発売
2CD 
日本盤のみSHM-CD仕様
UICY-16033/4
3,960円 (税込)
ストリーミング、購入はこちら

■リンク
公式サイト
公式twitter
公式YouTubeチャンネル
公式Facebook
レーベル公式サイト

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。