テイラー・スウィフト、未発表曲6曲を含む『Speak Now (Taylor’s Version)』のアルバム・トラックリストを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

7月7日にリリースされるTaylor Swift(テイラー・スウィフト)の『Speak Now (Taylor’s Version)』のトラックリストがテイラー本人のSNSで公開されました。2010年にリリースされた『Speak Now』のオリジナル16曲の再レコーディングとFrom The Vault(意味:金庫の中から取り出した)と名付けられた未発表曲6曲の全22曲入りのアルバムとなります。

Speak Now (Taylor's Version)Speak Now (Taylor’s Version)

『Speak Now (Taylor’s Version)』のトラックリスト公開についてテイラーは自身のインスタグラムにて下記のようにコメント。

「『Speak Now (Taylor’s Version)』の裏表紙とフォール・アウト・ボーイ、ヘイリー・ウィリアムス(パラモア)とのコラボ楽曲を含む未発表曲を公開できることをとても嬉しく思っています。『Speak Now』は全て私のソング・ライティングだったので、当時作詞家として最も強い影響を受けたと感じているアーティストにアルバムで歌ってもらうことにしたのです。みんなとてもクールで、アルバムをサポートすることを承諾してくれた寛大な人たちです。32歳の時にレコーディングしたこのアルバム(今もまだ成長中です)を7月7日に皆さんにお披露目するのが待ちきれません」-テイラー・スウィフト

尚、『Speak Now (Taylor’s Version)』のデジタル配信の予約をすると、テイラーがライブ公演でアルバムリリースの告知をサプライズで行っている動画を見ることができます。
テイラー・スウィフト『Speak Now (Taylor’s Version)』サプライズ告知の様子

■商品情報

Taylor Swift『Speak Now (Taylor's Version)』

ニュー・アルバム『Speak Now (Taylor’s Version)』
7月7日(金)発売
プリオーダー・購入はこちら

■トラックリスト
1. Mine (Taylor’s Version)
2. Sparks Fly (Taylor’s Version)
3. Back To December (Taylor’s Version)
4. Speak Now (Taylor’s Version)
5. Dear John (Taylor’s Version)
6. Mean (Taylor’s Version)
7. The Story Of Us (Taylor’s Version)
8. Never Grow Up (Taylor’s Version)
9. Enchanted (Taylor’s Version)
10. Better Than Revenge (Taylor’s Version)
11. Innocent (Taylor’s Version)
12. Haunted (Taylor’s Version)
13. Last Kiss (Taylor’s Version)
14. Long Live (Taylor’s Version)
15. Ours (Taylor’s Version)
16. Superman (Taylor’s Version)
FROM THE VAULT
17. Electric Touch (Featuring Fall Out Boy) (Taylor’s Version) (From The Vault)
18. When Emma Falls In Love (Taylor’s Version) (From The Vault)
19. I Can See You (Taylor’s Version) (From The Vault)
20. Castles Crumbling (Featuring Hayley Williams) (Taylor’s Version) (From The Vault)
21. Foolish One (Taylor’s Version) (From The Vault)
22. Timeless (Taylor’s Version) (From The Vault)

■リンク
日本公式HP
海外公式HP
Instagram
Twitter
TikTok
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事