【全英シングルチャート】デイヴとセントラル・シーのコラボ曲「Sprinter」が5週目の首位獲得!オリヴィア・ロドリゴの新曲が2位に初登場!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、Dave(デイヴ)Central Cee(セントラル・シー)のコラボ曲「Sprinter」が5週目の1位を獲得。AJ Tracey(AJトレーシー)の2016年の楽曲「Spirit Bomb」のリミックス以来となる今回のコラボ。デイヴにとっては3度目、セントラル・シーにとっては初の首位獲得となっています。

YouTubeCentral Cee x Dave - Sprinter - YouTube

2位はOlivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)の新曲「vampire」が初登場。1位が予想されていましたがストリーミングは「Sprinter」が上回ったこともあり惜しくも首位とはなりませんでしたが、イギリスでシングルリリースされている楽曲全てがトップ5入りするという記録を更新しました。

YouTubeOlivia Rodrigo - vampire - YouTube

オリヴィア・ロドリゴがチャート入りしたことで先週2位だったイギリスのラッパー、J Hus(J・ハス)Drake(ドレイク)のコラボ曲「Who Told You」が3位、Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)のコラボ曲「Miracle」が4位、アイルランド出身の人気ボーカリスト、Jazzy(ジャジー)「Giving Me」が5位とそれぞれ後退しています。

YouTubeJ Hus - Who Told You ft. Drake - YouTube

YouTubeCalvin Harris, Ellie Goulding - Miracle - YouTube

YouTubeJazzy - Giving Me - YouTube

6位はTaylor Swift(テイラー・スウィフト)が2019年リリースの7枚目のスタジオ・アルバム『Lover』から新たにシングルとしてリリースした「Cruel Summer」が先週12位から大きく順位を伸ばしトップ10入り。7位はドイツを拠点としている韓国のDJ、Peggy Gou(ペギー・グー)の「(It Goes Like) Nanana」が先週9位からランクアップで最高位を更新しています。

YouTubeTaylor Swift - Cruel Summer - YouTube

YouTubePeggy Gou - (It Goes Like) Nanana - Edit (Karaoke Video) - YouTube

8位はスコットランド出身のDJ、Hannah Laing(ハンナ・レイン)とシンガーのRoRo(ロロ)によるコラボ曲「Good Love」が先週7位からランクダウン、Rudimental(ルディメンタル)Charlotte Plank(シャーロット・プランク)Vibe Chemistry(バイブ・ケミストリー)によるコラボ曲「Dancing is Healing」も先週5位から9位にランクダウンとなりました。ルディメンタルは今作のミュージック・ビデオを公開しています。

YouTubeHannah Laing feat. RoRo - Good Love - YouTube

YouTubeRudimental, Charlotte Plank, Vibe Chemistry - Dancing is Healing - YouTube

10位はD-Block Europe(ディーブロック・ユーロップ)がロンドンのラッパー、Clavish(クラヴィッシュ)を迎えた新曲「Pakistan」が初登場。7月7日にリリースされたばかりのミックステープ『DBE World』からのシングルとなります。

YouTubeD-Block Europe - Pakistan ft. @Clavish - YouTube

今週は3曲が入れ替わる展開となり、トップ10以下は全体的に押される形でランクダウンとなっている曲が多くなっています。そんな中でJorja Smith(ジョルジャ・スミス)「Little Things」が14位とランクアップで最高位を更新。自身2曲目となるトップ20入りを果たしており今後のチャートアクションにも注目です。

YouTubeJorja Smith - Little Things - YouTube

初登場が少ない中US出身パンク・ロック・バンドFall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)の新曲「We Didn't Start the Fire」が52位に初登場でランクイン。シングルチャートでは2014年に「Centuries」が22位を獲得して以来の高パフォーマンスとなりました。

YouTubeFall Out Boy - We Didn't Start the Fire - YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事