LAの女性アートロック・バンド、ウォーペイントが新曲「Stevie」をリリース!2種類のミュージック・ビデオを解禁

LA出身の4人組女性アートロック・バンドWarpaint(ウォーペイント)が5月6日に発売される6年ぶりとなるニュー・アルバム『Radiate Like This』から新たに「Stevie」をリリース。Chris Holmes(クリス・ホームズ)を中心としたアートとテクノロジー集団Fascinated By Everythingによるミュージック・ビデオも解禁。映像は2種類公開されており、通常のミュージック・ビデオに加えて、VR体験が楽しめる「Immersive Experience Version」が公開されています。

Warpaint - 'STEVIE' Official Video (Fixed Focus Version) - YouTube

Fascinated By Everything- WARPAINT: Stevie Immersive Experience - YouTube

同曲についてバンドは以下のようにコメント。

「“Stevie”はラヴ・ソングです。純粋で正真正銘の。私たちが人生で探し求めているものに対しての無限の賛美です。そして、最も愛されている歌のジャンルの1つに対しての、私たちからの貢献です。“Stevie”のビジュアルを考えていた時、ストーリー性やパフォーマンスを求めていたわけではなく、“愛のトンネル”のようなイメージがずっと頭に浮かんでいました。セロトニンの波のような、愛がどのような感じのものなのか、ということを求めていました。このことを考えている時に、Chrisが取り組んでいる作品を見せてくれて、“これは私たちが想像していたよりもずっと“愛のトンネル”だと感じました。」

本ミュージック・ビデオを手掛け、ウォーペイントの長年の友人でもある映像監督のクリスは「全てのビジュアルは物体から作られているので、光の色や質感は、CGではなく全て現実世界からきています。私の大好きなバンドの1つであるWarpaintと、この世界に愛と光を放ち、異次元の万華鏡のような美しさを作るためにコラボレーションできてとても楽しかったです。」とコメントしています。

6年ぶりに再始動したウォーペイントは、既に海外の著名媒体から高い評価を獲得しており、DIYは「ウォーペイントのアルバムは6年ぶりですが、幸いなことに、この4人組はその特別な魔法を全く失っていません」と称賛し、The Guardianは1stシングルの「Champion」について「彼女たちはいつも夕暮れから夜にかけての気配という独自のムードを醸し出しているが、“Champion”はそれを見事に表現している」と評価しています。

新作『Radiate Like This』は、6年のブランクを感じさせないWarpaintらしい作品に仕上がっています。

Warpaint(ウォーペイント)Warpaint(ウォーペイント)

■リリース情報

Warpaint『Radiate Like This』

アルバム『Radiate Like This』
2022年5月6日(金)
再生/購入リンク

■『Radiate Like This』トラックリスト
1. Champion
2. Hips
3. Hard To Tell You
4. Stevie
5. Like Sweetness
6. Trouble
7. Proof
8. Altar
9. Melting
10. Send Nudes

■バイオグラフィー
米ロサンゼルス出身の4人組女性アートロック・バンド。2009年に自主制作のEP『Exquisite Corpse』を発表し、大きな話題となり、英名門レーベル<Rough Trade>と契約。2010年にデビュー・アルバム『The Fool』をリリースし、2011年にフジロックで初来日。2014年にはセルフ・タイトルの2ndアルバム『Warpaint』をリリースした。2016年には3rdアルバムとなる『Heads Up』をリリースし、初のジャパン・ツアーを開催。2018年にはハリー・スタイルズの来日公演のスペシャル・ゲストとしと再来日。2022年5月、6年ぶりとなる待望の4thアルバム『Radiate Like This』をリリースする。

メンバーはEmily Kokal(ギター、ボーカル)、Jenny Lee Lindberg(ベース、ボーカル)、Stella Mozgawa(ドラム、ボーカル)、Theresa Wayman(ギター、ボーカル)

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。