トム・ペティ「Love Is a Long Road」が『グランド・セフト・オートVI(GTA6)』のトレーラー・ビデオに使用されストリーミングで急上昇

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Tom Petty(トム・ペティ)が1989年にリリースしたソロ・デビュー・アルバム『Full Moon Fever』の収録曲「Love Is a Long Road」が、ビデオゲーム『グランド・セフト・オートVI(GTA6)』のトレーラー・ビデオに使用されストリーミングで急上昇していることを受けて、トム・ペティの公式YouTubeでオーディオ・ビデオが公開されました。

Tom Petty – Love Is A Long Road – YouTube

Grand Theft Auto VI Trailer 1 – YouTube

『GTA6』のトレーラー・ビデオは公開わずか2日で1億回再生を突破。この人気を受けて「Love Is a Long Road」の人気も急上昇。SpotifyはBBC Newsbeatに対し、この曲のストリーミング数が先週のこの時点と比べて36,979%増加したことを海外メディアにあかしており、米ビルボードでも公式オンデマンド配信数やデジタル・セールスの増加を報じています。

「Love Is a Long Road」はシングルとしてリリースされていないものの、米国では、ビルボード・アルバム・ロック・トラックス・チャートで最高7位を記録するなど人気の高い楽曲として知られています。

2004年にリリースされた『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』には同じく『Full Moon Fever』から「Runnin’ Down a Dream」が提供されていたこともあり、インスタグラムでは「トムは「Runnin’ Down A Dream」を Grand Theft Auto: San Andreas に提供するのが大好きだったので、ロックスター・ゲームスから Grand Theft Auto VI のトレーラー1に「Love Is A Long Road」がフィーチャーされることを光栄に思います。」と投稿されています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事