Sum 41が最後のスタジオ・アルバム『Heaven :x: Hell』を2024年3月にリリース!新曲「Rise Up」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

1996年からの活動に終止符を打ち、最後のアルバムとワールドツアーをもって解散することを5月に自身のSNSで発表したカナダ出身のハードコア&メロディック・パンク・バンド、Sum 41(サム・フォーティーワン)が2024年3月にリリースされる最後のスタジオ・アルバム『Heaven :x: Hell』から新曲「Rise Up」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Sum 41 – Rise Up – YouTube

John Asher(ジョン・アッシャー)とDeryck Whibley(デリック・ウィブリー)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、空港で東京までの直行便に乗る様子から始まり、飛び立つとともに飛行機の中でパフォーマンスする描写を中心にフライト中の様々な様子が描かれています。

来年3月にリリースが決定がした最後のスタジオ・アルバム『Heaven :x: Hell』は2枚組となっており、「Heaven」と「Hell」それぞれに10曲、計20曲が収録。

デリック・ウィブリーはGQのインタビューに答えており、会話の中で、バンドを解散した理由、新型コロナウイルスで死にそうになったこと、パリス・ヒルトンやアヴリル・ラヴィーンとデートしたこと、そして最後のアルバムとツアーの準備をしている理由を明かしています。
Sum 41’s Deryck Whibley Has Been on One Hell of a Ride

■『Heaven :x: Hell』トラックリスト
[HEAVEN]
1. Waiting On a Twist Of Fate
2. Landmines
3. I Can’t Wait
4. Time Won’t Wait
5. Future Primitive
6. Dopamine
7. Not Quite Myself
8. Bad Mistake
9. Johnny Libertine
10. Radio Silence
[HELL]
11. Preparasi A Salire
12. Rise Up
13. Stranger In These Times
14. I Don’t Need Anyone
15. Over The Edge
16. House Of Liars
17. You Wanted War
18. Paint It Black
19. It’s All Me
20. How The End Begins

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事