ザ・ローリング・ストーンズの最新曲「Sweet Sounds Of Heaven」に参加したレディー・ガガが長文でコメントを投稿

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

2023年10月20日に発売となるThe Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)、18年振りのオリジナルアルバム『Hackney Diamonds(ハックニー・ダイアモンズ)』から、9月29日に公開された新曲「Sweet Sounds Of Heaven(スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン)」にヴォーカルで参加したLady Gaga(レディー・ガガ)が録音の経緯やその想いについて自身のInstagramに長文を投稿した。

The Rolling Stones | Sweet Sounds Of Heaven (Edit) | Feat. Lady Gaga & Stevie Wonder – YouTube

■投稿全文訳
ヘンソンのスタジオで映画『ジョーカー』の準備をしていた時期、夜になって家に帰ろうとしてたら誰かが「ミックが呼んでるよ」と言ってきた。私が知っているミックは一人しかいないので、ホールの反対側にあるスタジオに行って、ドアを開けた。そこは70年代への入り口だった。ミック、キース、ロニーの姿が目にはいった。スティーヴィー・ワンダーもいたし、彼らがコラボレートしていたミュージシャンたちもいた。ドラムはスティーヴ・ジョーダン。

(プロデューサーの)アンドリュー・ワットが彼らのまだ発表になっていないアルバムに感嘆の笑みを浮かべている間、ファミリーや友人たちは大きなスピーカーで曲に聴き入っていた。私たちは音楽を聴きながら、少し話をした。そしたらミックが、彼らが別の曲の作業をしている間、ライブ・ルームで待っていてくれないかと頼んできた。私はローズ・ピアノを背にして床に座り、誰かにヘッドホンとマイクを渡された。

ミックはそびえ立つように私に向かって微笑みながら「じゃあ、自由にやってくれ」って言ってきた。私は音楽を聴きながら、曲を覚えようと必死に走り書きをして、それからフリースタイルで一緒に歌ったんだ。その時は昔のようにアンドリューが部屋全体にマイクを向けていたから、みんなのつま先を踏まないようにしていた。

彼らが創り上げたマジックに私のヴォーカルが邪魔することは避けたかった。スティーヴィーの演奏で、ローズ・ピアノは私の背中を激しく振動させ、私の全身は一音ごとに震えていた。私たちは数時間演奏し、みんなは私がそこにいることにとても興奮していた(少し正気とは思えなかったけど、とてもエキサイティングな気分だった)。

終わった後、私はあまり深く考えずに家に帰った。曲もミュージシャンもみんな好きだったけど、ただ一緒にジャムっただけだと思ったんだ。翌日、アンドリューからメールが来て、ミックがあの夜の私の歌を使いたいと伝えてきたと聞いた。

同じ部屋にある2本のマイク。シングル・テイク。私はメリー・クレイトンみたいだなって思った。ギミー・シェルター、ゴスペルとソウル。私の好きな古いストーンズの曲や、ミックと一緒に歌い、ロックンロールの巨大な部分を定義したバンド特有の “サウンド “として今私たちが知っているものを作った偉大なヴォーカリストたちのことを考えた。そうしてそれをライヴ録音でカットした。「スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン」ができたんだ。私はミックと歌ったとき以外には歌ったことのないような歌い方をした。アンドリューも私も、音楽の歴史に立ち会うということ、その一部になれるという何かを感じたのか涙を流していた。私たちの天国はまさにそんな感じなんだと思う。ただただ甘美なサウンドだ。

Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)もキーボードとピアノで参加していることも話題となっているこの楽曲はYouTubeにてアルバム・ヴァージョンはヴィジュアライザー・ビデオも公開となっています。

The Rolling Stones | Sweet Sounds Of Heaven | Feat. Lady Gaga & Stevie Wonder – YouTube

アルバム『ハックニー・ダイアモンズ』は、グラミー賞受賞プロデューサーで、ミュージシャンのAndrew Watt(アンドリュー・ワット)が初めてザ・ローリング・ストーンズをプロデュースしたアルバムであり、現在予約受付中。レディー・ガガやスティーヴィー・ワンダー以外には、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)、Bill Wyman(ビル・ワイマン)、Elton John(エルトン・ジョン)らが参加していることでも話題となっています。

Credit Mark SeligerCredit Mark Seliger

■商品情報

ザ・ローリング・ストーンズ「スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン」

・ザ・ローリング・ストーンズ「スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン」
配信URL
*CDシングル、10インチ・シングルは10月13日(金)発売予定

ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」

・ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」
2023年10月13日(金)発売
価格:1,100円(税込)/品番:UICY-5138
日本盤のみ 歌詞・対訳付
楽曲先行配信中/シングルCD/輸入アナログ盤はこちら

ザ・ローリング・ストーンズ『ハックニー・ダイアモンズ』

・アルバム
ザ・ローリング・ストーンズ『ハックニー・ダイアモンズ』
2023年10月20日(金)発売
国内盤全4形態で発売
予約はこちら
①CD(デジパック仕様)
②CD(ジュエルケース仕様)
③CD+ブルーレイ
④1LP(直輸入仕様/限定盤)
<日本盤CDのみ>
ボーナス・トラック1曲収録/英文解説翻訳付/歌詞対訳付/SHM-CD仕様

■トラックリスト
01. アングリー
02. ゲット・クロース
03. ディペンディング・オン・ユー
04. バイト・マイ・ヘッド・オフ
05. ホール・ワイド・ワールド
06. ドリーミー・スカイズ
07. メス・イット・アップ
08. リヴ・バイ・ザ・ソード
09. ドライヴィング・ミー・トゥー・ハード
10. テル・ミー・ストレイト
11. スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン
12. ローリング・ストーン・ブルース
[日本盤のみボーナス・トラック]
リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン
・アルバムゲストアーティスト:
ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダー、ビル・ワイマン

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事