ついにベールを剥がしたマルチ・タレント、タイ-シャ!スウィーティーを迎えたしたデビュー・シングル「ONE NIGHT TING」のミュージック・ビデオを公開

マイアミを拠点に活動するドミニカとカンボジアの両親を持つドミニカ共和国出身のシンガーソングライター兼ダンサー、Tai'Aysha(タイ-シャ)がついにデビュー・シングルのリリースと共に世に紹介された。

彼女のデビュー・シングルとなった「One Night Ting(ワン・ナイト・ティング)」は、YouTubeで1億2000万回以上の再生回数を誇る楽曲「My Type(マイ・タイプ)」で一躍有名になったラッパーのSaweetie(スウィーティー)をフィーチャリングしています。

Tai'Aysha - One Night Ting (feat. Saweetie) - YouTube

グラミー賞受賞者であるプロデューサーであり、過去に中島美嘉のプロデュースも務めたこともあるスティーヴン・Di Genius・マクレガーが制作を務め、スウィーティーの熱いバースがアクセントを加える楽曲「One Night Ting」は、ダンスフロアを熱く盛り上げるタイ-シャの自然な自信と色気を体現できる作品となっています。

1992年にリリースされた、Shabba Ranks(シャバ・ランクス)のダンスホール・クラシック「Ting A Ling」をサンプリングした「One Night Ting」のミュージック・ビデオは、Cameron Dean(キャメロン・ディーン)が監督を務めており、海辺や炎のサークルの中で官能的でセンシュアルなダンスを披露しています。

「「One Night Ting」は、執着を手放して夜の世界に身を投じることについた曲です」

と述べるタイ-シャは、「辻褄が合わないかもしれないけれど、実は私、一夜限りの恋はしたことがないんです。トライはしたけど、その相手が翌日家に来たり、花を贈ってくれたりしたので」と笑いながら語っています。

フィーチャリングとして参加したスウィーティーは、「この曲を作りながらすごく楽しくて、その気分がミュージック・ビデオに捉えられるように頑張りました。」「Tai’Ayshaは素晴らしい人なので、曲で繋がったのは最高だったとしか言えません。」とコメント。

■Tai'Aysha(タイ-シャ)とは?
TikTokスターとして有名となり、常に自信に満ちている自由な精神の持ち主、タイ-シャ。新しく公開されたVLOG映像からも確かに伝わる彼女の生来の明るい性格。

Tai'Aysha: A Day In The Life of Me [VLOG] - YouTube

タイ-シャは主にR&B、ポップ、バチャータ、メレンゲ、レゲエ、ヒップホップの豊なジャンルでダンスフロアにぴったりの柔らかなムードの音楽に触れてきました。

ドミニカ人の母とカンボジア人の父の間で生まれ、歩けるようになると同時にダンスを始めたという、タイーシャ。どこに行っても注目を集めていたタイーシャは高校卒業後、モデルとして活動を始めます。

そして、彼女が花屋での仕事の合間に投稿していたダンス動画が、インスタグラムで何十万人もの視聴者を集め、地元で話題となり、そんな彼女の才能に興味を抱きアプローチした、過去セリーヌ・ディオンやビヨンセといったスターのプロデュースを務めた、大物プロデューサーのスティーブ・モラレス。

そしてたった一回のセッション後、彼が設立したレコード会社、Icon Sound Musicとタイーシャの契約を結び、すぐさまレコーディングを進め、その後間もなく、アトランティック・レコードとの契約を締結。タイ-シャは、ローリン・ヒルやリアーナといったアーティストにインスパイヤされつつ、彼女独自の熱くて魅惑的なスタイルを構築してきました。

タイ-シャ曰く、「私の曲は皆を楽しくさせて、興奮させて、セクシーに感じさせるもの。」「私の曲を聴く人が、「この子の友達になりたい」と思ってほしい。「あなたはカッコよくてセクシーなんだよ」ってことを聴いてるみんなに伝える為に私はここにいるの。ただそれだけ。」

Tai'Aysha(タイ-シャ)Tai'Aysha(タイ-シャ)

■楽曲情報

Tai'Aysha「One Night Ting」

Tai'Aysha / タイ-シャ
デビュー・シングル「One Night Ting / ワン・ナイト・ティング」
2022年2月3日
ダウンロード / ストリーミングはこちら
ミュージック・ビデオ

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。