UKから登場した実力派シンガー、タリア・レイが宇宙をモチーフにしたエンパワーアンセム「Rocket Woman」をリリース

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

イーストロンドンから颯爽と登場しUKで人気急上昇中のシンガーソングライター、Talia Rae(タリア・レイ)がグラスノート・レコードから新曲「Rocket Woman」をリリースした。

YouTubeTalia Rae - Rocket Woman - YouTube

シネマティックに構成されたこのトラックは、Mike Spencer(マイク・スペンサー)がプロデュース。圧倒的歌唱力で驚かせたデビュー曲「Not A Heartbreak」に続き、タリアが自信に満ち溢れた歌声を轟かせる。

新曲「Rocket Woman」は、耳で感じる映画のような展開だ。催眠術のようなピアノのフックとジェームズ・ボンド映画のようなストリングス。夢のようなソニックワールドが出現し、そこにタリアが慎重に囁き、そして渾身の大熱唱へと移行する。ドラムが激しくぶつかり、時空を超えた宇宙を彷彿とさせるプロダクション。パワフルなエンパワーアンセムは、まるで「Rocket Woman」が宇宙そのものであるかのような広大な奥行きを感じさせてくれる。

今作についてタリア・レイは、「“Rocket Woman”は、夢と現実、エンパワーメントと逃避、現在のあなたと未来のあなたとの対話です。この曲は、あなたを自分だけの好奇心の旅へと誘ってくれるでしょう」と語っている。

タリア・レイはイギリスのエセックスで育ち、自ら課した厳しい独学とシルヴィア・ヤング・シアター・スクールで才能を磨いてきた。現在21歳の彼女は、ロンドンで頭角を現し、その若さとは不釣り合いな知性と存在感でコラボレーターたちを唸らせる。今年5月には、ブライトンで開催された“ザ・グレート・エスケープ2024”でフェスデビューを飾り、鳥肌を立たせる熱唱で超満員の会場を静まり返らせた。7月にはロンドンの“BST ハイドパーク2024”でフリートウッド・マックのレジェンドシンガー、スティーヴィー・ニックスと共演する。

今後のリリース作品も、マイク・スペンサーと、チャーリー・アンドリュースがプロデュース。エイミー・ワインハウスと彼女のアイコニックなデビューアルバム『Frank』が創作活動を始める大きなきっかけであるというタリア。誠実かつ弱さをさらけだす勇気をもった自身の作品が、彼女を力づけたのと同様に、聴く人にもそうであってほしいと密かに彼女は願う。今後発表されていく楽曲で、タリアは魅惑的で呪術的で、まさしく息を呑む歌声を聴かせ、その類まれなる才能を発揮してくれるに違いない。

Talia RaeTalia Rae

■商品情報

Talia Rae「Rocket Woman」

Talia Rae(タリア・レイ)
ニュー・シングル「Rocket Woman」配信中
レーベル:Glassnote Music LLC
配信リンク

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事