テムズが今年2作目となる新曲「Not an Angel」のヴィジュアライザー・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ナイジュリアのシンガー、Tems(テムズ)が今年2作目となる新曲「Not an Angel」をリリースし、ヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Tems – Not An Angel – YouTube

NAKATO、LEMOSTが監督を務めたヴィジュアライザー・ビデオでは、ダンサーが踊る様子の影をバックに反映させ歌うテムズを表現しており、シンプルながらもパワフルにパフォーマンスする様子が描かれています。

10月に2年ぶりとなるシングル「Me & U」をリリースしたばかりのテムズ。今作について海外メディア向けのプレスリリースに「この曲は、自分の価値を知り、自分を妨げるものから人生を前進することについて歌ったものです。」とコメントが発表されています。

昨年はFuture(フューチャー)がシングル「Wait for U」で2020年リリースのデビューEP『For Broken Ears』収録の「Higher」をサンプリングしヒットしたことで他の楽曲も注目されるようになり、デビューEPから「Free Mind」もヒット。さらには映画『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』サウンドトラック・アルバムに参加し、Bob marley(ボブ・マーリー)のカバー「No Woman, No Cry」はニールセンのデジタル・ソング・セールス・チャートで1位を獲得しました。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事