チャーリー・プースが最新曲「That’s Hilarious」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

マルチ・プラチナシンガー・ソングライター兼プロデューサーのCharlie Puth(チャーリー・プース)が先月リリースした最新曲「That’s Hilarious(ザッツ・ヒラリアス)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Charlie Puth – That’s Hilarious – YouTube

Matthew Daniel Siskin(マシュー・ダニエル・シスキン)が監督を務めたミュージック・ビデオは、周囲の照明の下で、関係がうまくいかなかったという歌詞を歌っているチャーリーが、回転するセットの上でテーブルに寄りかかりながら椅子に座り、最終的には状況に対する怒りを引き継いで、机に向かってギターを叩きつけて破壊したりと感情を強く表現したシンプルな映像になっています。

この曲の背後にある痛みを伴うインスピレーションについて自身のSNSで、「マスターの話を聞いたばかりなので、あなたもそれを聞いて本当に興奮していますが、それは私の人生で最悪の年だった2019年に私を連れ戻しました。」と語っています。リリース前にはチャーリーが人生で苦労したことを説明し、人生の新たなスタートを切りたいと述べ、この曲を「これまでにまとめなければならなかった中で最も難しい曲」と説明していました。

「That’s Hilarious」はニュージーランドで特に人気が高く2位を獲得しており、その他スウェーデンでも9位と、トップ10入りを果たしています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事