【日本ゴールドディスク大賞】ビートルズが最多となる7回目の受賞

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

第36回日本ゴールドディスク大賞が発表され、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の洋楽部門で、The Beatles(ザ・ビートルズ)が過去最多となる7回目の受賞を果たしました。

The Beatles(ザ・ビートルズ)The Beatles(ザ・ビートルズ)

日本ゴールドディスク大賞は、前年CDや音楽配信などの売り上げが最も多かったアーティストや作品に贈られる、日本レコード協会主催の音楽賞。

ザ・ビートルズはこれまで、1988年、1994年、2001年、2010年、2016年、2018年と受賞しており、今回は4年ぶり7度目で最多となります。

主なセールス要因となったのは昨年秋にリリースされた名作『Let It Be(レット・イット・ビー)』のスペシャル・エディション。スペシャル・エディションは、ニュー・ステレオ・ミックス及び5.1サラウンド・ミックス、ドルビー・アトモス・ミックスに加え、レコーディング・セッションの過程で残されたアウトテイク、リハーサル・テイク、スタジオ・ジャムの未発表音源等が収録されたスーパー・デラックスをはじめ、2CD、1CDなど様々な形態で発売されました。

対象期間の売上実績としてはアルバムの売り上げが67,951枚、シングルの売り上げが411枚、音楽ビデオの売り上げが1,262枚、デジタルなどの音楽配信が35,049ダウンロードを記録しました。

https://twitter.com/riaj_prinfo/status/1503025650105344001?s=20&t=6_XbNozuHAA1QHemjbyHCw

The Beatles – Let It Be | Special Edition Releases [Official Trailer] – YouTube

WRITER

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事