ザ・キッド・ラロイが新曲「Thousand Miles」のミュージック・ビデオを公開

The Kid Laroi(ザ・キッド・ラロイ)が新曲「Thousand Miles(サウザンド・マイルズ)」のミュージック・ビデオを公開しました。

The Kid LAROI - Thousand Miles - YouTube

Christian Breslauer(クリスチャン・ブレスラウアー)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、赤い服を着たザ・キッド・ラロイが、白い服を着たザ・キッド・ラロイを連れ去る様子から始まり、あらゆる手法で命を狙いますが、なぜか死なないというパロディ要素も含まれたビデオになっており、赤い服を着たザ・キッド・ラロイが狙う理由でもあるガールフレンドでTikTokでも人気のKatarina Deme(カタリナ・ディーム)も出演しています。

Andrew Watt(アンドリュー・ワット)、Louis Bell(ルイス・ベル)がソングライター、プロデューサーとしてクレジットされており、サウンド面は若干Post Malone(ポストマローン)のような印象も受ける曲になっていますが、TikTokで、スニペットを公開した際には「ミステイク」の歌詞に合わせて彼の元マネージャーのScooter Braun(スクーター・ブラウン)の写真を重ねて投稿し、かなりの騒ぎを引き起こしました。その点も含めザ・キッド・ラロイの背景も感じ取れる歌詞になっています。

スクーター・ブラウンとの繋がりによって実現したJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)とのコラボ曲「Stay(ステイ)」は現在ビルボードホット100において、トップ10滞在週を40週まで伸ばしており歴代3番目の最長記録となっています。来週もトップ10入りを果たせば41週を記録しているDua Lipa(デュア・リパ)の大ヒット曲「Levitating」に並びます。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。