ビリー・ジョエルが2/1に約16年ぶりとなる新曲「Turn the Lights Back On」をリリースすることを発表!ティーザー・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

いよいよ2024年1月24日(水)に16年振り、一夜限りの東京ドーム公演が迫ったBilly Joel(ビリー・ジョエル)が、2月1日に約16年ぶりとなる新曲「Turn the Lights Back On」をリリースすることを発表し、ティーザー・ビデオを公開しました。

Billy Joel – Turn the Lights Back On (Official Single Teaser) – YouTube

公開されたティーザー・ビデオは「Famous Last Words」の歌詞のページをめくるシーンから始まります。これは1993年リリースのスタジオ・アルバム『River of Dreams』の最後に収録されており、このアルバムを最後にソングライティングから引退していたビリー・ジョエルが新曲を書いたことを象徴するシーンとなります。

『River of Dreams』以降、厳密には2007年に「All My Life」、「Christmas in Fallujah」の2曲が新たに書いたシングルとしてリリースされており、「Turn the Lights Back On」はそれ以来約16年ぶり。公式YouTubeチャンネルではリリック・ビデオも公開される予定となっています。

「Turn the Lights Back On」はビリー・ジョエルの他にグラミー賞にノミネートされたソングライター兼プロデューサーのFreddy Wexler(フレディ・ウェクスラー)、Arthur Bacon(アーサー・ベーコン)、Wayne Hector(ウェイン・ヘクター)によって書かれ、フレディ・ウェクスラーがプロデュース。

2月28日(水)には、名作『ピアノ・マン』のリリース50周年と来日を記念して、超希少“4chサラウンド・ミックス”を世界初収録したSACDマルチ・ハイブリッド盤に、世界初CD化音源と世界初DVD化映像を多数収録のボーナス・ディスク2枚を追加した、日本独自企画の 『ピアノ・マン 50周年記念デラックス・エディション<SACDマルチ・ハイブリッド盤 7インチ紙ジャケット仕様>』 がリリースされることも発表されています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事