全英シングルチャート年間ランキング2023を制したのはマイリー・サイラス

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

オフィシャル・チャート・カンパニーが2023年の全英シングルチャートの年間ランキング『The Official Top 40 Biggest Songs of 2023』を発表。Miley Cyrus(マイリー・サイラス)「Flowers」が今年の首位を獲得しました。

Miley Cyrus – Flowers – YouTube

8枚目のスタジオ・アルバム『Endless Summer Vacation』からのリードシングルとしてリリースされた今作は10週連続首位を獲得。Harry Styles(ハリー・スタイルズ)「As It Was」以来の最長記録となり、女性アーティストとしては史上4組目となる10週超えを果たしました。全英チャートでは2013年の「We Can’t Stop」、「Wrecking Ball」に続く10年ぶり3曲目の首位となり、オーディオおよびビデオ・ストリームによるストリーミング数、ダウンロード、CD、レコードによる売り上げを合算した数値としては170万チャート・ユニットを獲得しています。

2位は2019年のマーキュリー賞の他、2020年の ブリット・アワードで年間最優秀アルバム賞を受賞するなど、イギリスを代表するHIP HOP界のリリシストとして知られるDave(デイヴ)と、「Obsessed With You」や「Doja」等の楽曲が世界的なヒットとなり、ヨーロッパ以外でも注目を集めるラッパーのCentral Cee(セントラル・シー)。彼らにとって初のコラボレーションとなったシングル「Sprinter」がランクイン。「Flowers」に続き今年2曲目となる10週連続首位を獲得しました。UKラップの楽曲として全英シングル・チャート史上初10週連続1位を獲得という記録を打ち立てています。

Central Cee x Dave – Sprinter – YouTube

3位はロンドンを拠点とするシンガーソングライター、RAYE(レイ)がニュージャージー出身のラッパー、070 Shake(070シェイク)を迎えた「Escapism」がランクイン。今年初めの週で初の首位を獲得し、その後も2カ月近く上位をキープし続けました。レイはポリドール・レコードと契約してましたが、数年間デビュー・アルバムの発売を保留されたことをきっかけに2021年に決別しインディーズで活動していました。今年は念願のデビュー・アルバムをリリースしています。

RAYE – Escapism. feat. 070 Shake – YouTube

全英チャートはTikTokでのバイラルがダイレクトにランキングに反映されるケースが多く、「Sprinter」、「Escapism」もその影響が大きく出ています。また全米ビルボードチャートとは異なり、エアプレイが含まれていないため、純粋にストリーミングやセールスが伸びればチャート入りできることも影響しています。

■『Official Top 40 Biggest Songs of 2023』トップ10
1位 Miley Cyrus / Flowers
2位 Dave & Central Cee / Sprinter
3位 Raye ft. 070 Shake / Escapism
4位 Taylor Swift / Anti-Hero
5位 Calvin Harris & Ellie Goulding / Miracle
6位 Rema / Calm Down
7位 SZA / Kill Bill
8位 PinkPantheress / Boy’s a Liar
9位 Harry Styles / As It Was
10位 Libianca / People

参考記事:Official Top 40 Biggest Songs of 2023

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事