チャーリー・プースとセレーナ・ゴメスのコラボ曲「We Don’t Talk Anymore」のミュージック・ビデオがYouTubeで30億回再生を突破

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Charlie Puth(チャーリー・プース)Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)のコラボで2016年にリリースされた大ヒット曲「We Don’t Talk Anymore」のミュージック・ビデオがYouTubeで30億回再生を突破しました。

Charlie Puth – We Don’t Talk Anymore (feat. Selena Gomez) – YouTube

Phil Pinto(フィル・ピント)が監督を務めたミュージック・ビデオは、セレーナ・ゴメスは出演しておらず、チャーリー・プースと元恋人役として女優のMirella Cardoso(ミレッラ・カルドーゾ)が出演。ニューヨーク市でお互いに離れて暮らしていく過程を追った映像となっています。主人公たちはコンサート、パーティー、他の人々とのデートを繰り返しますが、どうしてもお互いのことを忘れることができず、それでも彼らは決してお互いに手を差し伸べようとしません。

ミュージック・ビデオが30億回再生を超えている楽曲は30曲以上ありますが、2人にとっては30億回再生を超えたのは初。

チャーリー・プースは現在開催中のコンサート・ツアー『THE “CHARLIE” LIVE EXPERIENCE』のアジアでのスケジュールを発表し、2018年以来となる待望の来日公演が決定しており、10月17日、18日に東京・有明アリーナで行われる予定です。

■来日公演詳細
『THE “CHARLIE” LIVE EXPERIENCE ASIA 2023』
2023年10月17日(火)・18日(水)
OPEN: 17:30 / START: 19:00
会場:有明アリーナ
チケットの詳細はこちら
特設サイトはこちら

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事