Selena Gomez の関連記事一覧

Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)のプロフィール

Selena Gomez

Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)は、テキサス州グランドプレーリー出身の女優、歌手、ユニセフ親善大使。

幼い頃からエンターテイメント業界でのキャリアを追求することに興味を持ち、母親がステージ制作の準備をしているのを見ていました。7歳の時に子役として活動を開始、テレビドラマ「Barney&Friends(バーニー&フレンズ)」のオーディションに合格しデビューを果たします。

2004年、アメリカのディズニー・チャンネルに見出されディズニーシリーズ「ザック&コーディのスイートライフ」のゲスト出演しています。

歌手としてのキャリアは2008年に主演した映画「シンデレラ・ストーリー2:ドリームダンサー」のサウンドトラックに収録されている楽曲から。同年ディズニーが所有するレコード会社ハリウッド・レコードと契約し、2009年にポップ・ロック・バンドSelena Gomez & the Scene(セレーナ・ゴメス&ザ・シーン)を結成。 同年デビューアルバム「Kiss & Tell(キス&テル)」をリリースし、Billboard 200で9位にランクイン、最終的にはゴールド認定を受けるヒットとなり、2010年のTeen Choice Awardsで2部門を受賞します。以後2012年の活動休止宣言までコンスタントにリリースを続けてはヒットを連発しています。

また2009年9月ユニセフ親善大使に就任しており、2012年春アフリカのサヘル地域を訪問し子供たちへの国際的支援を訴えたり、2012年4月ライアン・シークレストが設立したNPO団体「Ryan Seacrest Foundation」の親善大使に任命されるなど、積極的に慈善活動も行っています。

2013年1stシングル「Come&Get It(カム・アンド・ゲット・イット)」でソロデビュー。Billboard Hot 100での最初のトップ10入りとなり、その後リリースされた1stソロアルバム「Stars Dance(スター・ダンス)」はBillboard 200で1位を獲得しました。

2015年にはインタースコープ・レコードとレコード契約。2ndアルバム「Revival(リバイバル)」も全米1位を獲得し、翌2016年にはアルバムのツアーを開始するも、パニック障害やうつ病によって途中でキャンセルせざるを得ない状態に。その後はCharlie Puth(チャーリー・プース)のシングル「We Don't Talk Anymore(ウィ・ドント・トーク・エニモア)」にゲスト参加し大ヒットを記録。この時期より3枚目のアルバム制作が開始されます。

2017年にはKygo(カイゴ)と共演したシングル「It Ain't Me(イット・エイント・ミー)」をリリースし大ヒット。その後立て続けにシングルをリリースしながら、Netflixドラマシリーズ「13の理由」エグゼクティブプロデューサーに就任。2018年後半から精神療養施設に入所して活動休止していましたが、2019年Julia Michaels(ジュリア・マイケルズ)のEPにゲスト参加し復帰。その後Benny Blanco(ベニー・ブランコ)のシングル「I Can't Get Enough(アイ・キャント・ゲット・イナフ)」にゲスト参加しています。

2020年には約5年ぶりとなる3枚目のスタジオ・アルバム「Rare(レア)」をリリース。

Selena Gomez の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧