メガデスが9月2日に最新アルバム『The Sick, The Dying...And The Dead!』のリリースを発表!先行曲「We'll Be Back」のミュージック・ビデオを公開

現在、大盛況の世界ツアーを驀進中の、スラッシュ・メタルのパイオニアかつメタル・アイコンのMegadeth(メガデス)が、2022年9月2日に16作目となる待望のスタジオ・アルバム『The Sick, The Dying...And The Dead!(ザ・シック、ザ・ダイイング…アンド・ザ・デッド!)』をリリースすること発表。合わせて先行曲「We'll Be Back(ウィル・ビー・バック)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Megadeth - We’ll Be Back: Chapter I - YouTube

全12曲の新曲が収録された『The Sick, The Dying...And The Dead!』は、CD、アナログLP、カセット、そして全オンライン・パートナーを通じてデジタル版がリリース予定。

さらに2枚組LP限定盤デラックス・エディションでは、シリアルナンバー入りの見開きジャケットに全12曲を収録した180g重量盤アナログLPを収納し、12x24インチ・サイズの歌詞カード(歌詞及びクレジットを掲載)と、プラスチック製レンチキュラー3Dリトグラフ・カードを封入。さらに新曲「We'll Be Back」とB面に未発表音源「The Conjuring (Live) 邦題:殺しの呪文(ライヴ)」を収録したボーナス・7インチが同梱されています。この限定盤デラックス・エディションは、メガデスの公式オンラインストアのほか、〈Sound of Vinyl〉及び〈uDiscover〉を通じてのみ購入可能となっています。
予約はこちらから

『The Sick, The Dying...And The Dead!』からの新曲第1弾は、メガデスの真髄とも言うべき獰猛なトラック「We'll Be Back」。このリリースに伴い、世界初公開されるのが、メガデスのマスコットであるヴィック・ラトルヘッドの起源を描いた壮大なアクション満載の短編映画『We'll Be Back: Chapter I』。デイヴ・ムステインがプロデュースを手掛けたこの『We'll Be Back: Chapter I』は、勇敢さ、自己犠牲心、そして生き延びてみせるという意志を持った兵士の物語。これは、新作『The Sick, The Dying...And The Dead!』のリリースに合わせて公開される3部作ビデオの第1作目に当たります。

『The Sick, The Dying...And The Dead!』は、グラミー賞受賞作『Dystopia(ディストピア)』に始まった凄まじい復活劇を確固たるものにしつつ、音楽的な前進を遂げていると同時に、先頃、咽頭がんを克服したムステインの勝利の印となるアルバムだ。明確なヴィジョンを持ったメガデスのリーダーであり音響の要でもあるDave Mustaine(デイヴ・ムステイン)と、2016年の『Dystopia』を共に舵取りしたChris Rakestraw(クリス・ラケストロー)が、共同プロデューサーとして再びタッグを組んだ今作。レコーディングは、米国テネシー州ナッシュビルにあるムステインの自宅スタジオに、ギターのKiko Loureiro(キコ・ルーレイロ)とドラムスのDirk Verbeuren(ダーク・ヴェルビューレン)を迎えて行われ、ベーシストのSteve Di Giorgio(スティーヴ・ディジョルジオ)が本作のレコーディングのために暫定的に参加。メガデスの新たなツアーの開始に伴って、メガデスのOBであるJames MacDonough(ジェイムズ・ロメンゾ)が正式なベーシストとしてメガデス・ファミリーに再び加わっています。

「自分達が必要とするもの全てがあるべき所に収まっているアルバムが出来たのは、本当に久しぶりだ」と、熱く語るのはデイヴ・ムステイン。「世の中の人達がこれを手にする日が待ちきれないね!」。

ムステインによる最強のソングライティングが際立っていると同時に、他のメンバーも曲作りに参加している『The Sick, The Dying...And The Dead!』には、メガデスならではの爽快感と独特の魅力が全て結集。アイス-Tをフィーチャーした、猛烈な怒りが逆巻く「Night Stalkers(ナイト・ストーカーズ)」から、第1弾シングル「We'll Be Back」、ミドルテンポのメロディアスな「Soldier On!(ソルジャー・オン!)」、そして、とても個人的な内容の表題曲まで、魅惑的な展開が予断を許さず繰り広げられていきます。

『The Sick, The Dying...And The Dead!』には、この4人組の名を世に知らしめた超獰猛なリフと、激しくも複雑なソロ、そして冒険精神に加え、彼らの特徴である卓越した技巧と正確さ、さらにムステイン独特の冷笑的な唸り声といった、あらゆる持ち味が織り込まれています。メタルの破壊を繰り返しながらも同時にジャンルの旗手として深く尊敬を集めてきたメガデス。本作は、そういった事実の根拠となっている、圧倒的な音楽モチーフの全てが融合したアルバムと言えます。

また、メガデスは先日、Web3.0の世界に進出するロードマップを公開し、ファンクラブ〈サイバー・アーミー(Cyber Army)〉で体験可能な内容が拡張されることが明らかとなりました。まず最初に発表されたNFTは、『ラトルヘッズ(RATTLEHEADS)』と題したジェネレーティヴNFTのコレクションで、誕生から約40年を迎える象徴的なマスコット、ヴィック・ラトルヘッドのテーマとイメージを用いたものとなっている。

ファンは公式メガデス・ディスコード(Megadeth Discord)に参加すると、最新情報が入手できます。詳細は近日公開予定。

Megadeth Photo by Travis ShinnMegadeth Photo by Travis Shinn

『The Sick, The Dying...And The Dead!』展開図『The Sick, The Dying...And The Dead!』展開図

■商品情報

メガデス「We'll Be Back(ウィル・ビー・バック)」

メガデス「We'll Be Back(ウィル・ビー・バック)」

メガデス『ザ・シック、ザ・ダイイング…アンド・ザ・デッド!』

メガデス『ザ・シック、ザ・ダイイング…アンド・ザ・デッド!』
MEGADETH - The Sick, The Dying...And The Dead!
2022年9月2日(金)発売
CD品番: UICY-16085
価格: 2,750円(税込)
日本盤のみSHM-CD仕様、ボーナス・トラック「ポリス・トラック」追加収録!
予約はこちらから

■『The Sick, The Dying...And The Dead!』トラックリスト
1. ザ・シック、ザ・ダイイング…アンド・ザ・デッド! The Sick, The Dying…And The Dead!
2. ライフ・イン・ヘル Life In Hell
3. ナイト・ストーカーズ feat. アイス-T Night Stalkers feat. Ice T
4. ドッグス・オブ・チョルノービリ Dogs Of Chernobyl
5. サクリファイス  Sacrifice
6. ジャンキー Junkie
7. サイコパシー Psychopathy
8. キリング・タイム Killing Time
9. ソルジャー・オン! Soldier On!
10. セレブタント Célebutante
11. ミッション・トゥ・マーズ Mission To Mars
12. ウィル・ビー・バック We’ll Be Back
13. ポリス・トラック Police Truck (デッド・ケネディーズのカヴァー) ※日本盤ボーナス・トラック

■メガデス メンバー
Dave Mustaine(デイヴ・ムステイン): リード・ギター&ヴォーカル
Kiko Louriero(キコ・ルーレイロ): リード・ギター
Dirk Verbeuren(ダーク・ヴェルビューレン): ドラムス
James LoMenzo(ジェイムズ・ロメンゾ): ベース

■リンク
メガデス 日本アーティスト・ページ
Twitter
Facebook
YouTube
Instagram

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。