リンゴ・スターの新しい4曲入りアルバム『EP3』が9月に発売決定!先行曲「World Go Round」の音源が公開

Ringo Starr(リンゴ・スター)の新しい4曲入りアルバム『EP3』の発売が決定し、先行曲として「World Go Round(ワールド・ゴー・ラウンド)」の音源が公開されました。

Ringo Starr – World Go Round – YouTube

新作『EP3』は2022年9月16日にデジタルおよびCD(国内盤・輸入盤)、11月18日に10インチ・アナログとUNIVERSAL MUSIC STORE限定カセットのフォーマットで発売(カセット、10インチは輸入盤のみ発売)。

今回の新しい4曲入りアルバムである『EP3』は、前2作同様ロッカベラ・ウェスト・スタジオで録音された楽曲を収録。今作には長年のコラボレーターであるスティーヴ・ルカサー、リンダ・ペリー、デイヴ・コズ、ホセ・アントニオ・ロドリゲス、ブルース・シュガー等が参加。

リンゴはこの新作について、「私は機会があるごとにスタジオで曲作りとレコーディングをしている。それは常に行ってきたことであり、これからもやり続けるだろう。“EP” を頻繁にリリースすることで、私はクリエイティヴであり続け、各楽曲にさらに愛情を注ぐことができる」とコメントしています。

スティーヴ・ルカサーとジョセフ・ウィリアムズが作詞作曲したアップビートなロック「ワールド・ゴー・ラウンド」は、希望と一体感というリンゴのポジティブなメッセージを伝え続けています。この曲では、リンゴがヴォーカル、ドラム、パーカッション、スティーヴ・ルカサーがギター、ジョセフ・ウィリアムズがキーボード、ジョセフ・ウィリアムズ、ビリー・バレンタイン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスがバック・ヴォーカルで参加。

リンダ・ペリーが作詞作曲した「エヴリワン・アンド・エヴリシング」は、リンゴ・スターがヴォーカル、ドラム、パーカッションを担当し、リンダ・ペリーがギターとパーカッションで参加。ビリー・モーラーがベースとギターを、デイモン・フォックスがメロトロン、ピアノ、ワーリーを担当し、リンダ・ペリー、ビリー・バレンタイン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスがすべてのバック・ヴォーカルを担当。

特徴的なダンス・グルーヴをフィーチャーした「レッツ・ビー・フレンズ」はリンゴの長年のエンジニアであるブルース・シュガーとサム・ホランダーによって作詞作曲され、リンゴ・スターがヴォーカルとドラムを担当し、ネイザン・イーストがベース、スティーヴ・ルカサーがギター、ブルース・シュガーがキーボード、パーカッション、ホーンアレンジ、サム・ホランダーがハンドクラップとパーカッション、ビリー・バレンタイン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスがバック・ヴォーカルで参加。

リンゴ・スターとブルース・シュガーによって作詞作曲された「フリー・ユア・ソウル」は、リンゴがヴォーカル、ドラム、ハンドクラップを担当し、テナーサックスにデイヴ・コズ、ナイロンギターにホセ・アントニオ・ロドリゲス、ベースにネイザン・イースト、キーボード、パーカッション、ホーンアレンジにブルース・シュガー、バック・ヴォーカルにビリー・ヴァレンティン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスらが参加しています。

■発売詳細

リンゴ・スター『EP3』

リンゴ・スター『EP3』
Ringo Starr / EP3
国内盤4曲入りCD
CD品番:UICY-16095
価格:2,310円税込
歌詞付
■日本盤のみ
解説付/対訳付/SHM-CD仕様
試聴・購入

■収録曲
1. ワールド・ゴー・ラウンド / World Go Round
2. エヴリワン・アンド・エヴリシング / Everyone and Everything
3. レッツ・ビー・フレンズ / Let’s Be Friends
4. フリー・ユア・ソウル( デイヴ・コズ・アンド・ホセ・アントニオ・ロドリゲス)/ Free Your Soul (feat. Dave Koz and José Antonio Rodriguez)

■リンク
リンゴ・スター アーティストページ
Twitter
Instagram
Facebook
YouTube
TikTok

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。