アリアナ・グランデが約3年ぶりとなる待望の新曲「yes, and?」をリリース!ミュージック・ビデオは日本時間1/13午前0時に公開

世界の歌姫Ariana Grande(アリアナ・グランデ)が、約3年ぶりの新曲「yes, and?」を本日リリース。ミュージック・ビデオは今夜、日本時間1月12日深夜24:00(1月13日 0:00)にアリアナ本人のYouTubeチャンネルにてプレミア公開となります。

Ariana Grande – yes, and? – YouTube

本楽曲は、2020年10月にアルバム『Positions』(2021年2月『Positions (Deluxe)』)を発売して以来初のオリジナル楽曲となり、自身7枚目となるアルバムからの先行シングルとして、待ち望まれていた新曲の発表となりました。米・ニューヨークでレコーディングされた今作は、アリアナ・グランデ本人のほか、Max Martin(マックス・マーティン)、Ilya Salmanzadeh(イリヤ・サルマンザデー)が作詞作曲とプロデュースに参加しています。

アリアナ・グランデは、2023年末から本格的に音楽制作をしている様子を度々自身のSNSに投稿しており、ファンの間では数週間に渡り憶測が繰り広げられていました。そして今年に入り、ついに真っ赤なリップのジャケット写真と共にニュー・シングル「yes, and?」のリリースを発表し、AG7(アリアナ7枚目のアルバム)キャンペーンの幕開けを公開。

新曲「yes, and?」は、ダンサブルなポップ・トラックとなっており、「リップスティックを塗って、炎上する道を歩いていこう。もし暗闇にいるような状況なら、明かりを点けてこう言うの。『そうだけど、何か?』、胸を張ってそう言いなよ 」という内容の歌詞で、周りが何と言おうと、気にせず自分らしく進もう、という力強いメッセージを歌っています。

AG7(アリアナ7枚目のアルバム)のタイトルについてはファンは早い段階で、ミュージック・ビデオのプレビューに出てくる「ag7」と座標が北緯41.0359度、西経71.9545度で印刷された赤い名刺から座標を特定し、ニューヨーク州モントークであることを確認し、モントークを舞台にしたジム・キャリー主演の2004年の映画『エターナル・サンシャイン』からインスパイアされたのではないかと指摘していました。

その後、タイトルが『Eternal Sunshine』になることが多くの海外メディアによってあかされており、3月15日に発売される事も公開されています。

また、新曲リリースを記念してアリアナ・グランデの直筆サイン入りフォトをプレゼントするLINE MUSIC再生キャンペーンもスタートしています。
キャンペーン詳細リンク

Ariana Grande

■商品情報

Ariana Grande「yes, and?」

アリアナ・グランデ
ニュー・シングル「yes, and?」配信中
試聴・購入

■リンク
日本公式サイト
日本公式X
日本公式LINE
海外公式サイト
instagram
facebook

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。