ヤングブラッドが新曲「The Funeral」をリリース!オジー・オズボーン夫妻の登場するミュージック・ビデオも公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

イギリスの次世代ロック・スター、YUNGBLUD(ヤングブラッド)が新曲「The Funeral」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

YUNGBLUD – The Funeral – YouTube

Christian Breslauer(クリスチャン・ブレスラウアー)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、イングランド出身のメタルの帝王と呼ばれる伝説的なヘヴィメタル・ミュージシャンであるオジー・オズボーンとその妻シャロン・オズボーンが出演。

「この1年半、自分が本当はどうありたいのかを考えることに多くの時間を費やしてきたんだ。最近、正直言って、自分がちょっと偽善者なんじゃないかって思うようになってね。僕は過去4年間、みんなに『堂々と自分らしくいろ』『他人の目を気にするな』とか言ってきたんだけど、それってそもそも自分自身に言い聞かせるべきことだったんじゃないかって気付いたんだ。これまでに多くのプレッシャーを感じてきたし、多くの不安、多くの自問自答を繰り返してきました。でも、この曲を書いたら、僕のキャリアだけでなく、僕自身の人生の次の段階がどうあるべきかが一気に凝縮されたんだ」とヤングブラッドは語っています。

YUNGBLUD(ヤングブラッド)YUNGBLUD(ヤングブラッド)

■商品情報

YUNGBLUD「The Funeral」

YUNGBLUD「The Funeral」配信中
ダウンロード・ストリーミング

■オフィシャルリンク
Instagram
Twitter
YouTube
Facebook

■バイオグラフィー
ヤングブラッド(本名:ドミニク・リチャード・ハリソン)は、1997年8月5日生まれ。イングランド中北部のドンカスター出身のヤングブラッドは、2歳の時にギターを初めて手に持ち、10歳でオリジナルの曲を書き始め、16歳の時には自身の音楽キャリアをスタートさせるためにロンドンに身を移した。
ザ・ビートルズやボブ・ディランなどのようなアーティストからの影響を受け、自身の音楽的なヴィジョンを明確にした彼は、その才能をすぐさま見出され、2017年に大手レーベルの米・ゲフィン・レコード(ユニバーサルミュージック傘下)との契約が決まった。2019 年に発表した欧米を跨ぐワールドツアー全52公演はすべてソールドアウト。マシン・ガン・ケリーとトラヴィス・スコットとともにリリースした「I Think I’m OKAY」やマシュメロやブラックベアーとリリースした「Tongue Tied」、数々のビッグ・アーティストらとのコラボ作品でも話題に。現代社会を斜めから見て、異議を申し立てるその反抗的な精神と赤裸々な歌詞、高いファッション性が現代の多くの若者に共感と支持を得ている。オルタナティヴでパンクなポップ・センセーションの幕開けだ!

WRITER

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事