Courtney Barnettが新曲「Rae Street」のミュージック・ビデオを公開

Courtney Barnett(コートニー・バーネット)が新曲「Rae Street(レイ・ストリート)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Courtney Barnett - Rae Street - YouTube

「Rae Street」は同時に発表された3枚目のスタジオ・アルバム「Things Take Time, Take Time(シングス・テイク・タイム、テイク・タイム)」からのリードシングル。

11月12日にリリース予定で、アルバムリリースは約3年半ぶりとなり、「Rae Street」もシングルとしては2019年の「Everybody Here Hates You」以来約2年ぶり。

“Time is money, and money is no man's friend.”
「時は金なり、金は人の友ではありません。」

と柔らかい曲調の中にかなりストレートな歌詞で表現された新曲は2020年のパンデミックの際に世界がどのように下り坂になっているのかを目撃しながら書かれました。

ミュージック・ビデオはW.A.M. Bleakley(W.A.M・ブレークリー)が監督を務めており、Courtney Barnettが家の中でギターを弾きながら歌う一方で、一人で何役もこなしながら日常の中で色々な行動をする近所の人を自宅で眺めるような構成になっています。