Backstreet Boys の関連記事一覧

Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)のプロフィール

Backstreet Boys

Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)はアメリカ合衆国フロリダ州オーランドで結成されたボーカルグループ。メンバーはNick(ニック)Howie D.(ハウィー・D.)A.J.(エー.ジェイ.)Brian(ブライアン)Kevin(ケヴィン)の5人組。

Howie D.(ハウィー・D.)A.J.(エー.ジェイ.)は共にフロリダ州オーランド出身で知り合い、後にオーディションでNick(ニック)と出会い、3人は意気投合しトリオを結成します。Brian(ブライアン)Kevin(ケヴィン)はケンタッキー州レキシントン出身でいとこ同士。子供の頃、地元の教会の聖歌隊や祭りで歌っていました。

Kevin(ケヴィン)は1990年にオーランドに移り、そこでウォルトディズニーワールドで働きながら夜は音楽活動に専念する日々を送っていましたが、同僚を通じて3人と知り合い、4人はグループとして活動することになります。

1992年に音楽プロデューサーのLou Pearlman(ルー・パールマン)がボーカルグループを構成するための広告を出しA.J.(エー.ジェイ.)がオーディションに参加、グループの最初のメンバーとなり、続く3人も期待に応えて選ばれます。Brian(ブライアン)もケンタッキーからオーランドへ飛んで正式に参加し、1993年4月20日にBackstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)が結成されました。

1993年からショッピングモール、レストランからフロリダ州フォートローダーデールの有名なチャリティーガラまで、さまざまな会場で演奏を続けました。同年Mercury Recordsが契約を締結するも、Mercury Records所属のアーティストJohn Mellencamp(ジョン・メレンキャンプ)が「ボーイバンドのビジネスに参入するならレーベルを去る」としたため契約はすぐに終わります。

1994年、グループがクリーブランドの高校で演奏しているのを見たJIVE RecordsのJeff Fenster(ジェフ・フェンスター)の目に留まり契約となり、翌1995年にシングル「We've Got It Goin' On(ウィーヴ・ガット・イット・ゴーイン・オン)」でデビュー。デビューシングルがイギリス、スウェーデン、オーストラリアでトップ3入りするスマッシュヒットとなり、翌1996年にリリースしたデビューアルバム「Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)」が全世界で1000万枚の大ヒットを記録します。

1999年「I Want It That Way(アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ)」が世界中で大ヒット、イギリスを含め多くの国で1位を記録し、日本では現在でもカラオケで歌われる名曲としても知られています。

同年リリースしたアルバム「Millennium(ミレニアム)」が3000万枚を売り上げるモンスターヒットとなり、大成功を収めます。

続く「Black & Blue(ブラック・アンド・ブルー)」「Never Gone(ネヴァー・ゴーン)」、そしてベストアルバム「The Hits – Chapter One(ザ・ヒッツ - チャプター・ワン)」と立て続けに1000万枚以上を売り上げ、ベストアルバムは日本でも150万枚のセールスを記録しました。

この頃より日本での人気が根強くなり、Kevin(ケヴィン)脱退後にリリースして日本で2週連続1位を獲得したアルバム「Unbreakable(アンブレイカブル)」も全米では7位、イギリスでは21位とあまり伸びず、2013年以降リリースがありませんでしたが、Kevin(ケヴィン)復帰後初となる5年ぶりのアルバム「DNA」が2019年に発売され、Billboard 200では19年ぶりに1位を獲得しています。

意外にもシングルでの全米1位は一度も獲得しておらず、最高位は1996年のシングル「Quit Playing Games (with My Heart)」の2位。

Backstreet Boys の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧