Chance The Rapper の関連記事一覧

Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Chance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)のプロフィール

Chance the Rapper

Chance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)はイリノイ州シカゴ出身のラッパー、シンガー、ソングライター、俳優。本名はChancelor Jonathan Bennett(チャンセラー・ジョナサン・ベネット)。

父親は元シカゴ市長のハロルド・ワシントンと当時のバラク・オバマ上院議員の補佐官を務めた経歴の持ち主で、母親はイリノイ州司法長官に勤めていた経歴があり、シカゴのサウスサイドにあるウェストチャタムの中流階級で育ちました。16歳の時に父親がバラク・オバマ大統領の最初の任期中に労働省で働き始めていたため、オバマ大統領と個人的に会い、ラッパーになりたいという夢について話し、それに対してオバマは「言葉」で応えてくれたそうです。

両親は、ビリー・ホリデイ、サム・クック、ジャズやゴスペルのジャンルのアーティストなど、常に音楽を演奏しており、本人もMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)を好んで聴いていましたが、Kanye West(カニエ・ウエスト)のデビューシングル「Through the Wire(スルー・ザ・ワイヤー)」を聴いてからヒップホップを聴くようになります。後にKanye West(カニエ・ウエスト)がラップを始めるきっかけになったとインタビューで語っています。

2011年、最初のミックステープとなる「10Day」を録音し、その中から「Windows」というタイトルの楽曲をリリースすると、翌年のComplex誌の「注目すべき10人の新しいシカゴラッパー」の1つとして注目されます。同年ミックステープをリリースすると、ミックステープ共有サイトDatPiffを介して500,000回以上ダウンロードされるヒットとなり、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の楽曲に参加し、ツアーのオープニングアクトを務めました。

2013年にリリースした2枚目のミックステープ「Acid Rap(アシッド・ラップ)」が全米5位を記録するヒットとなり、150万回以上ダウンロードされました。2013 BET Hip Hop AwardsでBest Mixtapeにノミネートされています。またこの時期より俳優業も行うようになり、短編映画やテレビドラマ、映画に出演。2014年11月、ベネットはシカゴ市長のラム・エマニュエル市長から「年間最優秀青年賞」を授与され、2015年には「Forbes 30 Under 30」の音楽リストで7位にランクされるなど人気・知名度も大きく上がります。

2016年には、ヒップホップに目覚めるきっかけとなったKanye West(カニエ・ウエスト)のアルバムに共同制作で参加し、同年3枚目のミックステープ「Coloring Book(カラーイング・ブック)」をリリース、Apple Music限定でストリーミング配信を行うと、5730万回以上ストリーミングされ、この時期ストリーミングの数字をランキングに導入したビルボード200に8位でランクインしました。

2017年にはDJ Khaled(DJキャレド)のシングル「I'm the One(アイム・ザ・ワン)」に参加し、ビルボードホット100で初の1位を獲得。翌年にもシングル「No Brainer(ノー・ブレイナー)」に参加し、2019年には念願のデビューアルバム「The Big Day(ザ・ビッグ・デイ)」をリリース、全米2位を記録しています。

Chance The Rapper の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧