Elvis Presleyの記事一覧

Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)のプロフィール

Elvis Presley

Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)はミシシッピ州テューペロ島出身の歌手、ミュージシャン、俳優。20世紀の最も重要な文化的象徴の1つと見なされ、「King of Rock and Roll(キング・オブ・ロックン・ロール)」と呼ばれることがよくあります。

1935年1月8日、ミシシッピ州テュペロで生まれ、共に生まれた双子の兄弟Jesse Garon Presley(ジェシー・ガーロン・プレスリー)は生まれてから35分後に亡くなっています。家族は、彼が最初の音楽のインスピレーションを見つけた神の議会教会に出席しました。家族はしばしば隣人からの援助と政府の食糧援助に依存していました。1941年、イースト・テューペロ・コンソリデーテッド・スクールに通い始め、朝の祈りの中で、Red Foley(レッドフォーリー)のカントリーソング「Old Shep」の奏法を学校の先生に印象付けた後、彼は歌うコンテストに参加するように励まされ、1945年10月3日にミシシッピアラバマフェアアンドデイリーショーで開催されたコンテストに参加し、これが初の舞台となりました。

1948年11月、家族はテネシー州メンフィスに引っ越し、ハムズ・プレパラトリー・アカデミー・ミドル・スクールに入学。音楽の授業ではCばかりで、音楽の先生に「歌う才能がない」と言われたそう。翌日彼はギターを持ち込み、それ以外のことを証明するために「Keep Them Cold Icy Fingers Off Me」を歌い実力を証明したそうです。1950年頃から本格的にギターを練習するようになり、もみあげを伸ばし、ローズオイルとワセリンで髪を整えるなど外見にも気にかけ、ジュークボックスとリスニングブースを顧客に提供するレコード店を頻繁に訪れていました。当時聴いていたサザン・ゴスペル・シンガーのJake Hess(ジェイク・ヘス)は彼の好きなパフォーマーの1人であり、後のバラード歌唱スタイルに大きな影響を与えています。

1953年8月、メンフィスのサン・スタジオで最初の両面アセテートディスクを録音するため4ドルを支払った。録音後、サン・レコードの創業者Sam Phillips(サム・フィリップス)はアシスタントのMarion Keisker(マリオン・ケイスカー)に青年の名前を書き留めるよう依頼し、「Good ballad singer. Hold.」と書き留めました。翌1954年、2度目のアセテートを録音し、Songfellowsのオーディションを受けるも落選。同年4月にはクラウン・エレクトリック社に転職しトラック運転手として働いていました。一方Sam Phillips(サム・フィリップス)は、サン・スタジオが焦点を当てた黒人ミュージシャンのサウンドをより幅広い聴衆に届けることができる誰かを常に探していました。 彼はJimmy Sweeney(ジミー・スウィーニー)の「Without You」のデモ録音を入手し、10代の歌手に合うかもしれないと思い、プレスリーに歌わせようとしますが最終的には断念。プレスリーが知ってる曲を歌ってもらうことを考え、セッションを繰り返しているうちにプレスリーはギターを手に取り、Arthur Crudup(アーサー・クラダップ)の「That's All Right」を歌い始めるとSam Phillips(サム・フィリップス)は「探していた音」だったと思い立ちレコーディング。その3日後、人気のあるメンフィスのDJ、Dewey Phillips(デューイ・フィリップス)は、WHBQラジオでオンエアするとリスナーは、歌手が誰であるかを知りたがるようになり、メンフィスでのローカル・ヒットとなります。

公の場で演奏する機会が増え、プレスリーが大勢の観衆の前で演奏するときのリズムと緊張への強い反応の組み合わせにより、プレスリーは脚を振るようになりました。ワイドパンツは彼の動きを強調し、観客の若い女性が叫び始めました。プレスリーはすぐにステージ上で自信をつけました。翌1955年にセルフタイトルのデビューアルバムをリリース。ビルボードチャートでは10週連続1位を記録し、10週間保持された最初のロックンロール・アルバムとなりました。

1955年にはサン・スタジオとの契約が終了し、マネージャーのTom Parker(トム・パーカー)と契約。彼は通称パーカー大佐として知られ、後の生涯にわたってマネージャーを務めました。その後11月21日にRCAビクターと契約。1956年1月28日に「CBS-TVトミー・ドーシー・ステージ・ショウ」にてTVに初出演し、黒人のR&Bを歌うと、PTAや宗教団体から激しい非難を浴びせられますが、その激しい非難にもかかわらず、それを見た若者たちは、プレスリーのファンになっていき、年末の「ウォール・ストリート・ジャーナル」の一面で、プレスリー関連商品が2200万ドルを売り上げ、レコード売り上げがトップであることを報じられるほどトップアーティストに上り詰めます。映画配給会社数社から出演の依頼がプレスリーのもとに届くようになり、1957年頃から映画にも出演、俳優としてもその知名度を上げていくようになります。そんな中、当時のアメリカは徴兵制を施行していたため、1958年~1960年のあいだは西ドイツにあるアメリカ陸軍基地で勤務していました。

60年代に入ると、ハイペースで量産されていった映画の影響や、The Beatles(ビートルズ)の世界的ブレイクの影響もあり、絶不調に陥り活動休止状態になります。1968年のNBC-TVスペシャルライブで復活し、瞬間最高視聴率約72%を記録。その後、再び過密スケジュールでキャリアを再開。1969年よりネバダ州のラスベガスを中心にショーを行うようになります。トム・パーカーがアメリカの永住権を所持していなかった都合で、世界的な人気にも関わらずワールド・ツアーは一切 行われませんでした。そのため1973年、報道番組だけに使われていた人工衛星を使い、世界同時生中継された史上初で最後の巨大ショー「アロハ・フロム・ハワイ」を開催、日本でも中継されゴールデンタイムで放送され視聴率37.8%を記録しています。

1975年頃からは主治医から処方された睡眠薬などを「誤った使い方」で服用するようになり、この影響で癇癪(かんちゃく)持ちになり、体調も維持できなくなっていました。当時自身が起案し出演する空手家が主人公の映画の撮影を行っていましたが、体調がすぐれず空手を続けられる状況ではなくなりお蔵入りに。1977年8月16日にテネシー州メンフィスの自宅、グレイスランドで寝室のバスルームの床に倒れているところを発見され、42歳の若さで亡くなりました。死因は処方薬の極端な誤用による不整脈と公式に発表されています。

プレスリーは全世界におけるCD・レコード・カセットなどの総売り上げが6億枚以上とされ、「世界史上最も売れたソロアーティスト」としては歴代1位を記録しており、他にも多くの記録を保持しています。

Elvis Presley の記事一覧