Julia Michaels の関連記事一覧

Julia Michaels(ジュリア・マイケルズ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Julia Michaels(ジュリア・マイケルズ)のプロフィール

Julia Michaels

Julia Michaels(ジュリア・マイケルズ)はカリフォルニア州サンタクラリタ出身のシンガー、ソングライター。本名はJulia Carin Cavazos(ジュリア・カリン・カヴァゾス)。

生まれはアイオワ州ダベンポートですが、すぐにロサンゼルスの北西約35マイルのカリフォルニア州サンタクラリタに移住しています。父親はメキシコ・プエルトリコ人であり、演技のキャリアを追求するために彼の名前をジョン・マイケルズに変更したため、自身もマイケルズの姓を名乗っています。

12歳で歌い始め、14歳のとき、彼女はソングライターのJoleen Belle(ジョリーン・ベル)と出会い、アメリカのコメディ番組「Austin & Ally(オースティン&アリー)」や他の多くのテレビや映画の曲にテーマソングを書くようになり、19歳のときにはソングライターのLindy Robbins(リンディ・ロビンズ)と出会ったことがきっかけとなり、Demi Lovato(デミ・ロヴァート)Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー)などに楽曲提供を行うようになります。

その間、自身でも音楽活動を行い2010年と2012年にそれぞれ1枚ずつEPをリリースしていましたが、20歳頃にはソングライターのJustin Tranter(ジャスティン・トランター)と頻繁に仕事をするようになり、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)などのヒット曲を制作しています。

2016年にはブラジルのリオデジャネイロで開催された2016年夏季オリンピックの閉会式でKygo(カイゴ)と共に「Carry Me」を演奏しました。

ソングライターとして活動していましたが2017年にはデビューシングル「Issues(イシューズ)」をリリース。全米チャートで11位、全英チャートでは10位にランクインし、世界的にもヒットを記録。翌年のグラミー賞では最優秀新人賞、最優秀楽曲賞にもノミネートされました。

2017年の活動はこれだけではなく、3枚目のEP「Nervous System(ナーバス・システム)」もリリース。また同年、Clean Bandit(クリーン・バンディット)のシングル「I Miss You(アイ・ミス・ユー)」にゲスト参加し、イギリスを中心に大ヒットを記録。11月から年末にかけてはShawn Mendes(ショーン・メンデス)のツアーでオープニング・アクトを務めるなど多忙を極めていました。

2018年には5ヶ月ほどMaroon 5(マルーン5)のツアーでもオープニング・アクトを務め、2019年にはEP「Inner Monologue(インナー・モノローグ)」のパート1とパート2をリリース、現在はパート3の制作に取り掛かっています。

Julia Michaels の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧