Logic の関連記事一覧

Logic(ロジック)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Logic(ロジック)のプロフィール

Logic

Logic(ロジック)はカリフォルニア州ビバリー・ヒルズ出身のラッパー、シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー。本名はSir Robert Bryson Hall II(サー・ロバート・ブライソン・ホールII)。

父親はコカイン中毒、母親はアルコール依存症に苦しんでいた少年時代の多くをメリーランド州ゲーサーズバーグのウェストディアパーク周辺で過ごし、兄弟も父同様常習者であったため、これらの経験に従ってクラックコカインを製造および製造する方法を正確に知っていると述べています。

13歳のときにメンターのSolomon Taylor(ソロモン・テイラー)と出会い、映画「キル・ビル」を見てラップとヒップホップに興味を持つようになり、映画に楽曲提供をしていたヒップホップグループWu-Tang Clan(ウータン・クラン)を聴き、ヒップホップへの深い愛情を示すようになります。Solomon Taylor(ソロモン・テイラー)は歌詞を書くためにインストゥルメンタルビートを含む多数のCDを持ち込むように促します。2009年、「Psychological(サイコロジカル)」というステージ名の下でパフォーマンスを行いました。その後「Psychological – Logic:The Mixtape」というタイトルの非公式のミックステープをリリース。

2010年、最初の公式ミックステープ、「Young、Broke&Infamous(ヤング、ブローク&インフェイマス)」をリリースしました。 Visionary Music Groupの社長はミックステープを聞き、契約に至ります。ミックステープは、オンラインミックステープ共有プラットフォームDatPiffで250,000回以上ダウンロードされるヒットを記録。

2011年に2番目のミックステープ「Young Sinatra(ヤング・シナトラ)」をリリースすると、XXLを含むさまざまな出版物から絶賛されます。ミックステープからYouTubeでリリースされた「All I Do(オール・アイ・ドゥー)」のミュージック・ビデオは、リリース後1週間で100万回以上再生されました。その後は3枚目のミックステープをリリースするとツアーを開始します。

2013年にはDef Jam Recordingsと、Def JamプロデューサーのNo I.D.と契約。翌2014年デビューアルバム「Under Pressure(アンダー・プレッシャー)」をリリースすると全米4位にランクイン。ゴールド認定を受けるヒットとなります。2015年にリリースされた2枚目のアルバム「The Incredible True Story(ザ・インクレディブル・トゥルー・ストーリー)」もヒットし、2016年には映画「スーサイド・スクワッド」にて複数のアーティストによるシングル「Sucker for Pain(サッカー・フォー・ペイン)」を提供しリリースすると大ヒットを記録。ビルボード・ホット・ラップ・ソングスチャートでは初のランクインにして1位を獲得します。

知名度・人気も上がり2017年に発売されたアルバム「Everybody(エヴリバディ)」で初の全米1位を獲得。リードシングル「1-800-273-8255」は、アメリカに本拠を置く161の危機センターの自殺予防ネットワーク「National Suicide Prevention Lifeline」に関連して作成された曲で、世界中で大きな話題を呼び、RIAAによってトリプルプラチナとして認定されるヒットとなります。

2019年には5枚目のスタジオ・アルバム「Confessions of a Dangerous Mind(コンフェッションズ・オブ・ア・デンジャラス・マインド)」で2度目の全米1位を獲得。中でもEminem(エミネム)と共演したシングル「Homicide(ホミサイド)」は2人のスピーディーなラップが大きな話題を呼び、2度目のトップ10入りを果たし、プラチナ認定を受けるヒットを記録しています。

Logic の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧