Foo Fighters

BIOGRAPHY

YEARS ACTIVE1994-present
MEMBERSDave Grohl
Nate Mendel
Pat Smear
Chris Shiflett
Rami Jaffee

SNSでプロフィールをシェア!

Foo Fighters(フー・ファイターズ)のプロフィール

Foo Fighters(フー・ファイターズ)は、1994年にワシントン州シアトルで結成されたアメリカのロックバンド。
元Nirvana(ニルヴァーナ)のリードシンガー兼ギタリスト、Kurt Cobain(カート・コバーン)の死後、ドラマーであるDave Grohl(デイヴ・グロール)によって設立されました。グループの名前は、UFOやその他の空中現象のために連合軍の航空機パイロットによって造られたニックネームであるフーファイターに由来しています。

メンバーはボーカル兼ギター:Dave Grohl(デイヴ・グロール)、ギター:Chris Shiflett(クリス・シフレット)、同じくギター:Pat Smear(パット・スメア)、ベース:Nate Mendel(ネイト・メンデル)、キーボード :Rami Jaffee(ラミ・ジャフィー)の5人。

カート・コバーンの死後、デイヴ・グロールはさまざまな芸術家と協力するという申し出を受けていた一方で1994年10月にロバート・ラング・スタジオに入り、彼自身の曲を15曲レコーディング。Afghan Whigs(アフガン・ウィッグス)のボーカル兼ギタリスト、Greg Dulli(グレッグ・デュリ)が演奏した「X-Static」のギターパートを除いて、デイヴはすべての楽器を演奏し、すべてのボーカルを歌いました。5日間でアルバムに相当する資料を完成させ、匿名のままで、第二次世界大戦で未確認飛行物体を意味するフー・ファイターから取ったFoo Fighters(フー・ファイターズ)という名前で限定的に録音をリリースすることを望んでいました。

アルバムをサポートするためにバンドを結成することにしたデイヴは、ベーシストのネイト・メンデルと、ドラムのWilliam Goldsmith(ウィリアム・ゴールドスミス)を採用。2人は共にシアトルのバンド、Sunny Day Real Estate(サニー・デイ・リアル・エステイト)のメンバーで、バンドは丁度解散する直前でした。

さらにニルヴァーナのツアーギタリストだったパット・スメアも加わり、1995年2月23日にカリフォルニア州アルカタのジャンバラヤクラブでライブデビューし、3月3日にポートランドのサティリコンで、3月4日にシアトルのベルベットエルビスで公演を行いました。

バンドのファーストシングル「This Is a Call」は1995年6月にリリースされ、翌月デビューアルバム『Foo Fighters(フー・ファイターズ)』をキャピトル・レコードにライセンス供与し、デイヴの新しいレーベル、ロズウェル・レコードでリリースしました。

1996年の春までツアーを行った後、フー・ファイターズはワシントン州ウッディンビルのベアクリークスタジオに入り、プロデューサーのGil Norton(ギル・ノートン)と一緒に2枚目のスタジオ・アルバムをレコーディングしました。デイヴが再びすべての曲を書いている間、バンドの残りはアレンジで協力しました。セッションがほぼ完了すると、デイヴはラフミックスをロサンゼルスに持ち込み、ボーカルとギターのパートを完成させるつもりでしたが、ドラムに満足せず、ウィリアムのドラムトラックのほとんどを自分のものに置き換えました。これにウィリアムは裏切られたと感じてしまい、デイヴはまだツアーに参加することを望んでいましたが脱退することに。

翌1997年、当時Alanis Morissette(アラニス・モリセット)のツアードラマーだったTaylor Hawkins(テイラー・ホーキンス)が参加。同年5月のアルバム『The Colour and the Shape(ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ)』のリリースに間に合うようにグループでデビューしました。その後倦怠感と燃え尽き症候群を理由にパット・スメアが脱退。Scream(スクリーム)時代のバンドメイトだったFranz Stahl(フランツ・ストール)が参加します。

1998年、デイヴの故郷であるバージニア州を訪れ、3枚目のアルバムを書きました。しかし、デイヴとフランツはソングライターとして協力することができず、方向性の違いからフランツを解雇するかどうか悩んでいるとフランツ側から脱退を申し出ました。この時期ネイトはサニー・デイ・リアル・エステイトの再結成の話があったものの戻らないことに決め、デイヴ、ネイト、テイラーの3人でアルバムを完成させます。

リードシングル「Learn to Fly(ラーン・トゥ・フライ)」はビルボードホット100に初めてチャート入りを果たし、19位にランクインしました。しかしアルバムのリリース前に、キャピトル・レコードの社長Gary Gersh (ゲイリー・ガーシュ)はレーベルから追い出されました。契約に「キーマン条項」が含まれていたバンドはキャピトル・レコードを去り、新たにRCAレコードと署名しました。RCAは後にキャピトル・レコード時代のアルバムの権利を取得しています。

レコーディングが完了した後、バンドは多くの潜在的なギタリストをオーディションし、クリス・シフレットに落ち着きました。クリスは当初、ツアーギタリストとして参加しましたが、グループの4枚目のアルバムを録音する前に正式に加入しています。

2001年の終わり近くに、バンドは4枚目のアルバムを録音するために再集結。ロサンゼルスのスタジオで4か月間過ごし制作しますが、メンバーは非常に売れるとは確信していませんでした。デイヴはロックバンドQueens of the Stone Age(クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)のアルバム「Songs for the Deaf(ソングス・フォー・ザ・デフ)」を完成させるのを手伝い、両バンドによるツアーを始めます。当時バンドは完全に解散する寸前だたそうですが、話し合いを重ね、バージニア州アレクサンドリアにあるグロールのホームスタジオでアルバムのほぼすべてを10日間にわたって再びレコーディングを行います。4thアルバム『One by One(ワン・バイ・ワン)』がリリースされたのは翌2002年でした。

その後1年半近くツアーを行い、5枚目のアルバムを録音するためにバンドはロサンゼルスに移り、「Studio 606 West」と呼ばれるレコーディングスタジオを建設しました。デイヴは2枚組にすることを提案し、5枚目のスタジオ・アルバム『In Your Honor(イン・ユア・オナー)』を2005年にリリース。同年9月から10月にかけて、バンドはWeezer(ウィーザー)と一緒に「Foozer Tour(フーザーツアー)」として請求されたツアーを行いました。その後もコンスタントにツアーを行い、翌2006年にはアルバムのアコースティックツアーも行います。

次のアルバムの制作にあたり再びギル・ノートンをプロデューサーに迎え、2007年に6枚目のスタジオ・アルバム『Echoes, Silence, Patience & Grace(エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス)』をリリース。リードシングル「The Pretender(ザ・プリテンダー)」はバンド最大のヒットシングルとなり、ビルボードのモダンロックチャートでは19週連続1位を記録しました。同年秋よりワールドツアーを開始。翌2008年6月7日、バンドはロンドンのウェンブリースタジアムでライブを行いました。

その後2009年にかけて新作のレコーディングを行い、同年秋には初のコンピレーション・アルバム『Greatest Hits(グレイテスト・ヒッツ)』をリリース。このプロデュースを行ったButch Vig(ブッチ・ヴィグ)と共に2010年より7枚目のスタジオ・アルバムの制作を開始します。アルバムは、アナログ機器のみを使用してデイヴ・グロールのガレージで録音されました。

翌2011年にリリースされた『Wasting Light(ウェイスティング・ライト)』はビルボード200を含む多くの国で初の1位を獲得し、同時期に初のドキュメンタリー作品『Back and Forth(バック・アンド・フォース)』も公開されました。

長く行われたアルバムのツアーの後、当初は休憩することを発表してましたが2013年1月に、バンドが8枚目のスタジオ・アルバムの素材を書き始めたと述べ、翌月行われたブリットアワードで、デイヴはアルバムの作業を再開すると発表。アルバム『Sonic Highways(ソニック・ハイウェイズ)』は結成20周年となる翌2014年にリリースし、再びツアーを行います。

2015年5月20日、バンドはDavid Letterman(デイビッド・レターマン)とのレイトショーで演奏する最後のミュージカルアクトであり、彼が深夜のテレビで33年間のキャリアを終えたとき、ホストとの長い付き合いを続けました。ショーは「Everlong(エバーロング)」を演奏している間、レターマンのハイライトのモンタージュで終了しました。

2015年11月23日、Webサイトでの1か月にわたるカウントダウン時計に続くサプライズリリースで、同じ名前のシングルを含む無料のEPセイントセシリアが明らかになりました。そのリリースと並行して、デイヴはバンドが無期限に休止することを発表。バンドが解散するという噂の高まりに応えて、デイヴがバンドを離れてエレクトロニックミュージックのキャリアを追求し、Nick Lachey(ニック・ラシェイ)がグループの新しい歌手になり、次のように終わることを描いた模擬ビデオをリリースしました。

2017年には9枚目のスタジオ・アルバムのレコーディングに時間を費やすと発表し、コンスタントに先行シングルをリリースしつつ秋に『Concrete and Gold(コンクリート・アンド・ゴールド)』をリリース。このアルバムはPink Floyd(ピンク・フロイド)、Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)、The Beatles(ビートルズ)の影響を受けていると言われています。

2019年よりデイヴのデモ音源に基づいてアルバム制作を開始。いくつかのEPをリリースしながら2020年のリリースを目標としていましたが、COVID-19のパンデミックのために延期。翌2021年にアルバム『Medicine at Midnight(メディスン・アット・ミッドナイト)』をリリースします。同年ロックの殿堂入りを果たし、その後Dee Gees(ディージーズ)という名前でディスコカバーのアルバム『Hail Satin(ヘイル・サテン)』をリリースしました。

2022年2月25日、初の長編映画『Studio 666』を公開。『Medicine at Midnight』のレコーディングを行なった邸宅で起こる呪われた事件を描く物語で、過去2年間、バンドは極秘で製作や撮影を行なっていました。翌3月、テイラーがコロンビアのボゴタにあるカサメディナホテルの彼の部屋で亡くなっているのが発見され、突然の訃報に予定されていたツアーをすべてキャンセルしました。

フー・ファイターズはこれまでグラミー賞にベストロックアルバムを含む12回ノミネートされ、4度受賞。2021年にロックの殿堂入りし、デイヴ・グロールにとっては2014年にニルヴァーナで殿堂入りして以来、2度目の殿堂入りを果たしています。総売り上げは2000万枚以上。

Foo Fightersの記事一覧へ

SNSでシェアする!