【全英シングルチャート】Adele3週連続1位獲得!Ed Sheeranは最新アルバムから3曲がTOP10入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、Adele(アデル)の新曲「Easy On Me(イージー・オン・ミー)」が3週目の1位を獲得しました。

YouTubeAdele – Easy On Me – YouTube

最新アルバム「= Equals(イコールズ)」がアルバムチャートで1位を獲得したEd Sheeran(エド・シーラン)は「Shivers」が2位、「Bad Habits」が3位、そして新たにシングルとしてリリースされた「Overpass Graffiti」が4位に初登場。

「Easy On Me」と「Shivers」のセールス差はわずか3,200枚分だったようで、僅差でアデルが3週目の1位を勝ち取りました。

YouTubeEd Sheeran – Shivers – YouTube

YouTubeEd Sheeran – Bad Habits – YouTube

YouTubeEd Sheeran – Overpass Graffiti – YouTube

エド・シーランは2017年、「÷ Devide(ディバイド)」がリリースされた際の全英チャートで全16曲すべてがトップ20入り、うち9曲がトップ10入りという快挙を達成し、全英チャートのルールを変更させる事態を作りました。ルール変更によって独占状態になることはないと見られていますが、先月ビルボードホット100で9曲同時トップ10入りを果たしたDrake(ドレイク)は全英チャートでは3曲をトップ10に送り込みました。これは集計変更の仕組みで最大3曲までしかエントリー出来ないというルールです。

この3曲が上位を占めたことで多くの曲はランクダウンする結果となりましたが、10位にはWillow(ウィロー)Tyler Cole(タイラー・コール)のコラボレート・ユニット、The Anxiety(ザ・アングザイアティ)の「Meet Me At Our Spot」がランクアップを果たし初のトップ10入りとなりました。

YouTubeWILLOW, THE ANXIETY, Tyler Cole – Meet Me At Our Spot – YouTube

ウィローは2010年にデビュー曲「Whip My Hair」を2位に送り込んでおり、今作が2度目のトップ10入りとなりました。

トップ10以下ではスコットランドのDJ、Ewan McVicar(ユアン・マクヴィカー)「Tell Me Something Good」が15位と最高位を更新。Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)が手がけ、Rufus and Chaka Khan(ルーファス&チャカ・カーン)が1975年にリリースした楽曲のダンスバージョンです。

YouTubeEwan McVicar – Tell Me Something Good – YouTube

18位にはD-Block Europe(ディーブロック・ユーロップ)の「No Competition」、20位にはSwitchOTRがA1 x J1を迎えた「Coming for You」が初登場でランクインしています。

YouTubeD-Block Europe – No Competition – YouTube

YouTubeSwitchOTR – Coming for You ft. A1 x J1 – YouTube

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事