メロディックスピードメタルバンドの新鋭AREIERAがラルフ・シーパースをボーカルに迎えた新曲「Future Cry」を全世界配信!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

メロディックスピードメタルバンドの新鋭AREIERA(アレイエラ)がPrimal Fear(プライマル・フィア)、元GAMMA RAY(ガンマ・レイ)のRalf Scheepers(ラルフ・シーパース)をボーカルに迎えた新曲「Future Cry」をリリースし、音源を公開しました。

Future Cry (feat. Ralf Scheepers) – YouTube

「Future Cry」のインストゥルメンタルは、今年1月からFM大阪のヘヴィメタル専門番組である和田誠『CAPTAIN-ROCK+PURE』の中でOAされていた楽曲。これに歌が入り、全世界配信がスタートしました。

FM大阪『CAPTAIN-ROCK+PURE』の7/9(日)22:30~の放送内で、世界初OA。

AREIERAの初めての配信楽曲は元STRATOVARIUS(ストラトヴァリウス)のTimo Tolkki(ティモ・トルキ)がボーカルを担当していましたが、今回はレジェンドボーカリストであるラルフ・シーパースが超絶ハイトーンのスピードメタルを歌っています。

■商品情報

AREIERA「Future Cry (feat. Ralf Scheepers)」

AREIERA「Future Cry (feat. Ralf Scheepers)」
楽曲リンク
a quarter century flame Official Twitter

■ラジオレギュラー番組概要
FM大阪
「CAPTAIN-ROCK+PURE」
放送日時:毎週日曜22:30~23:00
DJ:和田誠
Official YouTube

■A quarter century flame楽曲募集企画
TIMO TOLKKI’S STRATOのアルバムをリリースするワーナーミュージックのメロスピレーベルa quarter century flameでは、引き続き音源やミュージシャンを募集中。
特に、メロディック・スピード・メタル(メロスピ)を重点的に募集している。
詳しくは、FM大阪『CAPTAIN-ROCK+PURE』番組のホームページ、またワーナーミュージック・ジャパンのホームページをチェック。
エントリーはこちら

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事