U2が新曲「Atomic City」のミュージック・ビデオが公開!ラスベガス公演もスタート

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

U2が待望の新曲「Atomic City」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。プロデュースはJacknife Lee(ジャックナイフ・リー)とSteve Lillywhite(スティーヴ・ リリーホワイト)が行い、レコーディングはLAのサウンド・シティで行われました。U2は1991年のアルバム『Achtung Baby(アクトン・ベイビー)』の記念公演をラスベガスの新しい球体型のライヴ会場“スフィア”に先立ってのリリースとなりました。

U2 – Atomic City – YouTube

Ben Kutchins(ベン・クッチンス)が監督を務め、Tarik Mikou(タリク・ミコウ)とモーメント・ファクトリー・ミュージックがクリエイティヴ・ディレクションにあたったミュージック・ビデオでは、約36年前にU2が「I Still Haven’t Found What I’m Looking For(終りなき旅)」のミュージック・ビデオを撮影した時と同じく、フリーモント・ストリートで撮影されました。このビデオにはドラマーのLarry Mullen Jr.(ラリー・マレン・ジュニア)が出演していますが、彼は医療処置から回復するため、滞在期間中はバンドとは共演せずに、代わりにBram van den Berg(ブラム・ヴァン・デン・バーグ)が就任しています。

「Atomic City」は、魅力的だった70年代ポストパンク・スピリットへの3分半のオマージュ。ジョルジオ・モロダーとの仕事でまさにそんな時代の先端を行っていたブロンディから、彼らはインスピレーションと影響を受けたとしています。ボノは、「これは僕らから、聴いてくれるみんなへのラブソング。”君のいるところが僕のいくところ”だ」と述べています。

アトミック・シティとは、1950年代のラスベガスの愛称。アメリカ全土で核への関心が高まり、ネバダ核実験場に近かったことから、ラスベガス市が原子力観光の中心地として名乗りをあげ、宣伝を行ったことに由来しています。

U2が9月29日(金)より開始させた『U2:UV Achtung Baby Live At Sphere』は、世界最強のロックバンドが、世界最新鋭の最新会場のオープニングを飾る25日間公演。この野心的な最新プロジェクトが祝うのは、高い評価を得た『アクトン・ベイビー』と、それに伴う『ZOO TVツアー』。業界の常識を覆し、新たな定義を作り、最新テクノロジーと革新性を駆使したその画期的なステージによって、以来U2はライヴ・パフォーマンスの限界を常に押し広げるアーティストとしての名声を不動のものにしています。

「Atomic City」は、デジタル配信(通常オーディオ、HDオーディオ、空間オーディオ/アトモス)の他、限定盤7インチ・アナログ、限定盤CDシングルもリリースされる予定。

■商品情報

U2「Atomic City」

U2「アトミック・シティ」
U2 / Atomic City
2023年9月29日(金)配信
試聴・購入

■リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Instagram(海外)
X(海外)
Facebook(海外)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事